2009-07-11

アテルイ三連発~その1  まほろばの疾風 : 熊谷達也

 北の英雄・アテルイ・・・“染五郎さんが演ったよな”っていうくらいのひっかかりしか感じていなかった名前。・・・なんだけど、染五郎さんが歌舞伎にしたいとまで思ったアテルイの生涯ってどんなドラマになってるんだろう? なんて、ふと思ったので、いくつか読んでみたアテルイの物語・・・その1。


 8世紀、着実に勢力を伸ばし、蝦夷の地まで呑込もうとする大和に対し、あくまでも従属することを拒み抵抗しつづけた蝦夷の部族長・アテルイの生涯。

 大和に対抗しうる蝦夷の国を作ろうとしたアテルイと仲間たちのドラマは熱く、狄馬に跨り山を自在に駆け巡る蝦夷の民の姿は、実にのびのびと美しい。が、ここに描かれたアテルイと仲間たちの物語は、誇り高く勇ましい北の民の英雄譚というよりも、人の作った国家という制度に馴染まず、自然の摂理に従って生きるスタイルを守ろうとした人たちの細やかに語られる心の物語という感触。そんな真摯さが溢れている。

 ただ、個人的好みのレベルで言うと、この作者の文体はあまり好きじゃない。丁寧に書こうとするあまりか、噛んで含めるような文体がちょっとくどく感じられてしまうし、時々登場人物の言動がベタすぎて醒めてしまうところがある。

 ついでに言っちゃうと、私、どちらかというと大和寄りな考え方をする人間なんだ、多分。蝦夷の民にシンパシーを感じることできなかった、最後まで。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ