2006-10-30

小川未明童話集~SONGS OF EXPERIENCE : 小川未明

 ひきつづき「小川未明童話集」より

 「負傷した線路と月」は前のエントリであげた「月とあざらし」「飴チョコの天使」とは性質的に対をなすものじゃないかと思います。

「負傷した線路と月」

 ある日、沢山の荷物と人を乗せて走る汽車がレールに傷をつけてしまいました。レールはその傷の痛みに耐えかね、毎日汽車に踏まれる我が身を嘆きました。やさしく慰めてくれる花や、傷を洗い流してくれる雨に一時やすらぐレールですが、自分を傷つけた汽車への恨みを月に向かってもらします。

 月はレールに同情し、汽車に一言言ってやる!と件の汽車を探しに行きます。停車場に汽車が止まっているのを見つけますが、汽車は何やら沈んだ様子。月が事情を聞いてみると、「毎日、毎日重い荷物を乗せて長い道のりを走らされ、私はどんなに疲れていることか。それなのに無頓着に笑ったり話したりしている人間が憎らしくてしかたがない。」と列車はこぼします。見れば列車も車輪に傷を負っています。

 いったい誰が悪いのか・・・わからなくなってしまった月は人間の様子を見に行きます。街へ降りて、一軒の開いた窓をのぞいてみると、そこにはかわいらしい赤ん坊が月を見てよろこんで笑っていたのであります。


 自ら足りている「無垢」の状態では喜びも悲しみも自分だけのもの。「無垢」の世界を出たものは他者によって傷つけられ、他者に傷つけられることは「不幸」と認識されるようになる(もちろん他者は慰めや喜びも与える)。「不幸」を知ってしまう「経験」の世界に多くの人は生きている。そして、そこには自分と同じように他者が存在する。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ