2006-06-24

1999年の夏休み

監督:金子修介 脚本:岸田理生 1988年公開


 この映画を見たのはもちろん1999年より前のことで、当時「1999年」という言葉に感じた世紀末~何かが終わりを迎えるという感慨は、現在、過去のものとして見る「1999年」から感じるものとは明らかに違っていたと思います。「夏休み」は必ずいつか終わってしまうものを暗示している・・・?

 萩尾望都さんの「トーマの心臓」が原作となっており(萩尾望都さんは『「トーマの心臓」とはテーマが同じではないので“原作”というより“翻案”と言った方が良いだろう』と何かでコメントされていましたが)、少年の役を女性が演じ、そこに別の声優さんがアフレコするという手法で撮られています。

 舞台は森に囲まれた全寮制の学院。夏休みになって、帰るところのない3人の少年、直人・和彦・則夫だけが残されている。学院では「悠」という少年が湖に身を投げて死ぬとい事件が起きており、このことが寮に残る3人の少年たちの心に屈託を残していた。ある日夏休み中の学院に一人の転校生がやって来る。少年の名前は「薫」、彼は死んだ少年「悠」にうりふたつだった。「薫」の出現で直人・和彦・則夫の心の影が徐々に露わになり、一見平静だった生活が破綻し始める。・・・和彦に思いを寄せていた「悠」とだぶるようには和彦を道連れに湖に身を投げる「薫」。和彦は直人たちに助けられ命を取り留めるが、「薫」を見つけることはできなかった。

 再び3人での生活が始まったある日、「悠」と「薫」にそっくりの少年が学院にやってくる。今度は笑顔で少年を迎える直人・和彦・則夫。

  らせんを描くように繰り返される少年の日・・・この夏休みはいつ終わるのだろう。

 世界から切り離された少年達・・・内面の世界を見つめている彼らは、外の時間にしばられることなく終わらない夏を繰り返す。「大人になる」ことを意識せざるを得なくなった頃見た作品だったので、何度も繰り返しながら続く少年の内的世界には羨望の念を持ちながらも、もう自分にはやってこないものだなと寂しく感じたのを覚えています。
 
 膝丈パンツにガーターでとめたハイソックスという登場人物たちのファッションも、儚い少年の世界を美しく演出しています。

 この映画には大好きなシーンがあるのです。
映画の終盤で和彦が直人・則夫に語る幼い頃の思い出・・・幼い日とんぼを追いかけているうちに友だちとはぐれ一人ぼっちになってしまっていた。ふと見るとあたりはこの上なく美しい夕焼け。夕焼けはとても美しいのに、その美しさを話すことのできる人がそばにいない悲しさ、恐ろしさ・・・。バックには中村由利子の美しく切ないピアノ曲が・・・。見るたびに泣けてしまうシーンです。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

手紙は必ず宛先に届く

◇『漂流教室』楳図かずお そのTVドラマ化『ロング・ラブレター』■映画にもなった『漂流教室』は2001年ドラマにもなった。なにかラブ・ロマンスとなって。常盤貴子窪塚洋介山下智久妻夫木聡。マンガの方とぼくはリアルタイム

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ