2009-05-09

サクリファイス : 近藤史恵

 凄まじいスピードの中で、勝ちを競う競技でありながら、“勝たないこと”が求められ、讃えられるレースがある。
 
 有望な陸上選手でありながら、大きくなりすぎた“自分が勝つ事”の意味に嫌気がさし、自分が勝つためではなく、他の選手を勝たせる為に走ることができる自転車レースの世界に転身した白石。彼が共に走る、チーム・オッジのメンバー ~ 自分以外のエースを決して認めず、かつて有望な新人を事故を装い潰したという噂のある、チームのエース・石尾。次のエースを狙える立場にいる新人・伊庭。石尾のアシストとして働く先輩選手たち。

 忠実に石尾のアシストをしつつ、好成績をマークする白石。そんな白石に目をかけているらしい石尾。上を目指すことに貪欲な伊庭。石尾の周囲で渦巻く、アシストメンバー達の感情。

 チームメンバー達の心理的なサスペンデッド状態がストーリーの緊張感を後半までひっぱる。そして、起こってしまう悲劇。


 あまりメジャーとは言えないサイクルロードレースという競技の世界に読者を誘い込むドラマ作りや、二転三転する「サクリファイス」の真の意味・・・上手い!と思うが、読みやすい反面、もっと深いところまで見せて欲しいという欲求不満が残る。

 競技者に、完全な自己犠牲と、一方でその犠牲を全て踏みつけていく精神的負担を強いるサイクルロードレース ~ この上なく過酷でありながら、競技者を捕らえて放さないこの競技こそ、物語の主役と言ってもいいんじゃないだろうか? この競技の魅力、美しさと怖ろしさが、もっと、しっかり深いところまで描かれていれば、「サクリファイス」とは何だったのか、なぜ彼は「サクリファイス」となることを選んだのか・・・そういうところの意味がもっと際立ってきたのではないかと思う。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ