2009-03-25

からくりからくさ : 梨木香歩

 祖母の遺した古い家で暮らし始めた蓉子と、3人の女性下宿人~マーガレット、紀久、与希子。庭の草を摘んで食べ、心を持った人形「りかさん」を囲み、糸を染め、機を織る ~ 巡る時間の中での女たちの日々の営み。

 女たちの何事もない日々の生活はもちろん、そこに訪れる葛藤も、共感も、温もりも、小さな波乱も、あくまでゆるりと、荒ぶらない穏やかなトーンで描かれるのだけど、決して彼女らの世界が優しく穏やかだというのではない ~ そこには常に、何か容赦のない目が注がれているのが感じられるのだ。

 何処がどう“容赦ない”のか? と言われるとちょっと困ってしまうのだけど・・・、例えばそれは、時に女たちが見せる鼻持ちならなさや、ちょっとした醜さをさらりと書いてのける筆致。 ~ そこに、彼女たちの欠点をあげつらうような意地悪さは微塵もない。女たちが見せる色んな顔、色んな感情に対して、それを彼女らの美点・欠点と区別することなく、其処に何らの感情移入をするでもなく、全てを「女たちが持つ一面」として同一の平面上にさらりと見てしまう目が“容赦ない”なぁ・・・と。

 4人の女たちの生と日常の底に流れる、一人一人の人間とどこかで接点を作っていながらも、一人の個人の力など及ぶべくも無い、大きな大きな人の世の流れというのも容赦がない。

 容赦のない世の流れの中に一人一人の人が遺す跡。名も無い人の営みの中で連綿と伝えられていくもの。長い長い連続の中に生まれる、時に劇的な、時に小さな変化。機を織るという行為にからめて描かれる、長い時間繰り返されてきた人の営み。

 蓉子たち4人の女たちも、古い家の結界に包まれ、先に生きた人たちによって紡がれた縁に導かれるように、「自分の仕事」を探り、自分の織物を織っていくのだろう。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ