2009-02-28

似せ者 : 松井今朝子

 芝居に関わって生きる人たちの生~その切なさ、やるせなさ、清々しさを、さらりと吹き抜ける風のように描いた短編四編。

『似せ者』
 坂田藤十郎を真似た芸で人気をとっていた小芝居の役者を、二代目藤十郎として担いだ男と担がれた役者。

『狛犬』
 何かと器用な助五郎と、色白でおっとりとした広治。「てめえたちはまるで狛犬だなあ」と言われた二人の役者の胸の内。

『鶴亀』
 大坂で人気の名優・鶴助と、彼に振り回されながらもそばで見続けてきた興行師・亀八。

『心残して』
 江戸の最期が近づくなかで出会った、囃子方の三味線弾きと一人の武士。
 

 運・不運、幸せ・不幸せ、好きだとか嫌いだとか、簡単に割り切れない人生の機微。そこに注がれる著者の目が温かい。芸の世界に生きてはいるが、桧舞台の真ん中に立てるわけではない。それでも自分の芸をしっかりと胸に抱いて、顔を上げて生きようとする人たちの姿に泣かされる。

 小さな人たちの人生は、大きな世間、大きな時代の前には激しい川の流れに翻弄される一枚の葉っぱのようだ。流れにまかれる木の葉であるなら、せめて上手にくるくると回って見せようと、ほんの少しの諦めのまざった、小さな人たちが見せる意地が切なくも気持ち良い。

・・・

 『心残して』には、三代目田之助丈が登場する。南條範夫氏や皆川博子氏の小説では、美しくて、わがままで、情念と執念の人であった田之助。松井今朝子氏のこの短編では、自分の芸を自分の持てる力すべてで表現しようとした、芸に真摯な若者という印象なのだ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ