2009-02-14

風が強く吹いている : 三浦しをん

 一人の人間の内にあるものは、決して誰かと共有されることはない。一人一人の人間はたったひとつの孤独な固体として沢山の人の間に存在している。 ~ 「私が語りはじめた彼は」「むかしのはなし」「きみはポラリス」などの作品を読む中で感じられた、しをんさんのそういう思いが、本作にも濃く表れている。・・・というよりも、「本来孤独な存在である人間」と「それでも生まれ得る“つながり”」を描くために、「駅伝」という素材が選ばれたのではないか。


 銭湯帰りの清瀬灰ニ(ハイジ)の目の前を駆け抜けた万引き犯・蔵原走。逃走する走(カケル)の走りはハイジの行くべき道を示し照らす光となった。箱根への想いを秘めたハイジと、走ることを結晶にしたかのような走。二人の出会いから動き始めた運命の一年 ~ 王子、ムサ、ジョータ、ジョージ、神童、ユキ、ニコチャン、キング・・・ほぼ陸上素人の8名とハイジ、走 ~ ボロアパート竹青荘に住む寛政大学の10人が箱根を目指した一年。


だれかと一緒に走るのは、ずいぶんひさしぶりだ。だけど結局、一人になってしまう。速度とリズムはだれとも共有できない、自分だけのものだからだ。



 同じ戦いをする仲間であっても、竹青荘の住人たちは決して馴れ合わない。自分の孤独、自分の問題と向き合い、「自分は独りだ」という意識をもってきちんと立つ彼らは清々しい。

 長距離選手へ贈られる最大の賛辞、『強い』ということはどういうことか。『強く』なるための苦闘 ~ たった独りの人間として世界と相対するとき、それぞれの者の目の前をよぎる「美しいもの」、胸焦がすあこがれ、切ない幸福。


 「人は皆一人だ」と確信する潔さと、それでも“誰かと共に”美しいものを目指そうとする思い。プロローグ・・・ハイジと走の出会いに凝縮された、自分にとっての真実、善なるもの、美しいものに出逢ったときの震えるような興奮と幸福と少しの苦さ。何だか泣けてしょうがなかった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ