2006-10-14

スカイ・クロラ : 森博嗣

 生き物としての根っこの部分で何か違和感を感じさせるモノを描くことに優れた作家だなと思う。何かが“無い”ことを描くのが上手い。それは「女王の百年密室」を読んだ時にもうっすら感じたことだけれど。

 目の前の現象に淡々と対処することだけで生きていく、自分と違う人とはなるべく摩擦を小さく・・・その方が都合が良い。“特別な子供”であることを自覚し、理解されることを拒絶して空に飛び上がることでつかの間生を感じる・・・自分以外のものをちっとも思惑の中に入れず、徹底して自分の感覚に忠実なカンナミに、ちょっと忌々しさを含んだ清々しさを感じながら読み進めたのだけど(自分の感覚以外を基準にして生きている人間なんてきっとほとんどいないのだから)、何かの比喩だと思っていた“戦闘を仕事に、大人にならず永遠を生きるキルドレ(子供)”が文字通りの存在だと知った時に、その思いは一転した。そしてキルドレの存在する訳が語られた時、ぽっかり空いた穴のような無力感と虚脱。

 どうしようもない欠損を感じさせるのがほんと~うに上手い。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スカイ・クロラ

スカイ・クロラスカイ・クロラ(The Sky Crawlers)は、森博嗣の小説。戦闘機乗りの少年の物語。青い空。緑の平原。広大な基地。何故戦うのか。誰と戦っているのか。そのような情報は一切ない。必要ない。少年の右手はただ人を殺す。間接的に。殺伐とした光

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ