2008-12-31

三国志 : 吉川英治

 私の先入観を次から次へとぶっ潰してくれた物凄い物語。今年の終盤、3ヶ月にわたり読んできた「三国志」、年内に何とか読み終えました。

 劉備、即ち仁君。清き心と高い志を持ったヒーロー劉備像を期待する思いは、読み進めるほどに「!?!?!?!?!?!?」に埋め尽くされていく。予想を超えすぎてる劉備の言動に、まさに口あんぐり。結局、劉備とは三国志一胡乱な男であった。

 「俺はいつか大きなことをする男だ!」っていう根拠の無い夢を見て、地道な仕事を放り出しちゃった割りには、智もない勇もない、夢の実現も人まかせ。危機に際しては、「とりあえず俺さえ無事なら後はどうにでもなる」とばかりに、妻子も部下もうっちゃって一人すたこらさっさと逃げ落ちる(義兄弟でさえ置き去りですよ!)。意外と簡単に掌返しちゃうし、面倒臭そ~うなことには謙遜を装って頑なに関わろうとしない・・・事なかれ主義の凡庸な男にしか思えないんだけど。しかも、この乱世、戦乱の世に「ぽっちゃり体型」ってどういうこと?

 どうなの? これ? 私はものすごく・・・なんと言うか、意外っていうか・・・裏切られた感でいっぱいだったりしたんだけど・・・三国志好きの諸先輩方はどう感じておられるんだろうか?


 それでもあれだけの英傑たちを心酔させたってことは、かなりエキセントリックなオヤジ ~ 何らかのカリスマ性はあったってことなんだろうな。関羽や張飛は思い込み激しそうだから、劉備にハマっちゃったのも何となく納得できるんだけど、なんであの思慮分別のある爽やか青年・趙雲子龍までが・・・。なぜ。

 しかし、劉備のカリスマも諸葛亮孔明の登場とともに徐々に薄れていく。孔明 ~ 劉備の遥か上を行く曲者。彼の登場以来、劉備はただ王の冠を被せられ、奉られ、政からも、有能な部下たちからも遠ざけられ・・・。膨大な脳の容量を持つ腹黒い孔明に上手く利用されてる感じが・・・するよねぇ。関羽なんて、彼を煙たく思ってた孔明に見殺しにされたとしか思えない。生体コンピュータみたいな孔明に、関羽が窮地に陥ることが予測できなかったとは思えないものねぇ。

 何か・・・蜀の国は・・・得体が知れなくて・・・コワイよ。

 蜀の気味悪さに比べたら、魏の曹操は「乱世の奸雄」とは言いながら、やはり才能も人間的魅力もある紛れも無い英雄だし、呉の孫家三代なんて堅実に国づくりをしたすっごく真っ当な人たち・・・だと思ってしまうなぁ。

 でも・・・劉備が本当に清く正しいヒーローだったら、大して面白い話とは思わなかったかも。あんまり劉備が変だから、ついつりこまれて心の中でつっこみ入れながら楽しく読んだんだよなぁ。劉備周辺の胡散臭さ、登場人物たちの豪快で予想を超えすぎてる言動にはかなり引いたし、呆れたりもしたけど、蜀・呉・魏がそれぞれに終わりを迎え、綺羅星の如く乱世を彩った英雄達が皆去ってしまった後には、何だか一人置き去りにされたような寂しさがあって、どうしようもないすきま風が胸を吹きすぎていくのだ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ