2008-11-29

江戸にフランス革命を!(中)-江戸はなぜ難解か : 橋本治

 この江戸論、文庫本で三冊にわたっているのですが・・・かなり迂闊でユルい私は、この二巻目の中程を読んでいる頃に、タイトルの意味がやっとぼんやりと解ってきたのでした。

 「江戸」は結局、外国の力によって無理やりこじ開けられるように終わってしまった。260年にわたって蓄積され臨界点まで達していながら、結局、内側からの文化の・人々の意識の爆発として終わったのではない「江戸」を、もう一度きちんと爆発させて「今」という時点にたどり着き直そう・・・ということなのかな。

 そうは言っても、世界史の中で「フランス革命」がどういう意味のものなのか、これがまたよく解ってないので、今ひとつフィーリングを掴みかねているのですが・・・。

 52のトピックに分けて江戸の細部を解きほぐしながら、“じゃあ、その先にある現代は?”ってところをちらつかせていく。論理的に検証されていく江戸・・・読んでいるだけで、解ったような気にはなってくるんだけど、多分意図的に空けてある言葉の隙間は自分で考えろってことなんだよね・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ