2008-10-29

倒立する塔の殺人 : 皆川博子

 「倒立」・・・その言葉だけで、墜落するような感覚と、ただならぬものを見るだろうという予感に圧倒される。

 戦時中のミッションスクール。
 図書館の本の中にまぎれて、
 ひっそり置かれた美しいノート。
 蔓薔薇模様の囲みの中には、
 タイトルだけが記されている。
 『倒立する塔の殺人』。


 少女たちの手で書き継がれる小説。少女の手から手へと託されるノート。「倒立」の感覚に満ちた小説は、何を伝えようとしているのか・・・。

 ある一人の愛らしい少女の消失と、もう一人の少女の不可解な死。この学院で何が行われたのか。そこにどんな秘密が隠されていたのか。

 閉ざされた空間の中で、少女という特別な生き物たちの自意識が濃く激しく絡みあう。儚く純粋で物思いがちな・・・そして幼く驕慢で残酷な~図太さと怯えを同時に心に持っている少女たち。

 彼女達があんなに妖しげな生き物であるのは、年若い少女たちだけで構成された女学校という舞台装置があってこそ。その舞台装置がなくなる時、少女は消えてしまうのか、それとも別のものに変わっていくのか。

 女学校の中で物語を紡ぎ、時間を止めてしまった少女と、物語にケリをつけ、新たな時間をすすめ始めた少女。二者の対比が、切ないような明るいような、後を振り返りたいような、先を見つめたいような・・・複雑で悩ましい心境にさせる。


 私ごとですが・・・私自身、中学・高校の6年間をカトリック系女子校で過ごした為、女学校が舞台になった作品にふれると妙にしっくりくるというか、“帰ってきた”という懐かしい感覚・感慨にとらわれます。

 女子校の内部は、明らかにその外とは時間の流れ方が異なる、何だか不思議な空間でした。ただし、現実の女学生たちは、小説の少女たちのように妖しくも、美しくも、儚げでもありません。殊に、小高い丘の上に建つ校舎に通う我が母校の生徒たちは、毎日の山登りの為、みんな残らずふくらはぎに逞しい筋肉がついており、異性の目がない為かどちらかというとやぼったく、寒い日はスカートに下に股引のようにジャージを穿き、熱い日はスカートの中を下敷きで扇ぐような娘達でした。それでもどこかに、隔離された空間の中で醸成される「少女」としての自意識を確かに持っていたような気がするのです。外見からは全くそうとは知れなかっただろうけど・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ