2008-10-22

ムジカ・マキーナ : 高野史緒

 理想の音楽とは? または、音楽の理想とは?

 19世紀ヨーロッパを舞台に、荘厳とチープが、悪趣味と神聖が、どろどろのホラーと軽薄な笑いが混ざり合う物語。

 自分の中で鳴り響く理想の音楽、音楽の理想を、究極の形でこの世に出現させる。狂おしい欲求に突き動かされ暗躍する者ども。

 ウィーンに忽然と現れた《プレジャー・ドーム》。色とりどりの照明が煌き、フロアでは陶酔と狂乱の舞踊が繰り広げられる《悦楽の殿堂》~ オーケストラが存在しない空間に夜通しノン・ストップで流れ続ける舞踊音楽、そこを訪れる音楽家たちの間に広まる、音楽の快楽を異常なまでに高める麻薬《魔笛》。


 「彼らは機械で音楽をつくろうとしているのです!」

 教会に降り注ぐパイプオルガンの響きは、クラブに充満する麻薬的なサウンドと溶け合い、オーケストラの指揮者はクラブDJへと姿を変える。

 《魔笛》と理想の音楽を追い、舞台はイギリス~クラバー達が夜な夜な徘徊するロンドン・ソーホーへ。
 
 虚実入り乱れた19世紀ヨーロッパの歴史・街で、入り乱れる怪しげな人物たち~《魔笛》を追うベルンシュタイン公爵、ウィーン・フィルの指揮者にして《ムジカ・マキーナ社》のクラブでプレイするDJ・フランツ、《プレジャー・ドーム》経営者・英国貴族セントルークス卿と興行師モーリィ、オルガン技師サンクレール、謎の少女マリア、驚異的な即興の腕を持つオルガン奏者ブルックナー教授。


 綿密に施された仕掛け、所々に塗された遊び。重厚に飾り立てた中にも、どことなくチープな匂いがするのが面白い感触の物語。息もつかせず転がる展開で一気に読めたのだが・・・。完成された《音楽機械》が奏でるものがどんなものなのか・・・もっと充分に堪能したかった。結末を急いだためか、意外にあっさりと流されてしまったその音楽。ちょっともったいない。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ