2008-10-15

クレィドゥ・ザ・スカイ : 森博嗣

 シリーズの中で、一番忌々しくも、一番清々しくて、綺麗だと思ったのが、「スカイ・クロラ」のカンナミ・ユーヒチだった。理解されることを拒絶し、最小の抵抗・摩擦の中で軽々と空へと飛び上がっていったカンナミ・・・地上の重さをすべて捨てたかのようなその姿は、どうしようもない大きな欠落を感じさせたけれど、確かに泣きたくなるほど綺麗だった。

 それに比べて、クサナギやクリタは、「飛びたい」と切望しながら常に重力に引っ張られている、そんなアンバランスさを感じさせていた。

 カンナミとクサナギ、クリタのこの違いは何なのか? それぞれの個性、キルドレとしての個体差なのか? ・・・と思っていたのだけど。


 そういうことだったのか・・・。いや、本当は理解できてはいないのだけど、やはり・・・。

 空でだけ息をし、新しく目覚めるたびに、「空を飛ぶこと」以外を削ぎ落として(失って)、どんどん軽く、純度を高く研ぎ澄まされていく。

 それが悲しいことなのか、幸せなことなのかは解らない。ただ泣きたくなるような何か・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ