2008-08-30

イナイ×イナイ : 森博嗣

 S&Mシリーズ最初の2作しか読んだことないのに、Vシリーズ、Gシリーズは手に取ったことすらないのに・・・何か、たまたま目の前にあったので読んでみた。

 旧家の広大なお屋敷、当主の死、美貌の双子、地下牢に閉じ込めらていると噂される行方不明の長男、口のきけない下男、秘密の通路・・・まるっきり横溝な道具立て。密室での凄惨な事件に、学校サボリがちの芸大生と、仕事できそうなおネエさんのコンビが挑む。

 黒衣の美人・佐竹千鶴が「兄を探してほしい。」と椙田事務所を訪れるところから事件が始まる。森作品を読むときには、いやに身構えるクセがついてしまったんだが、この話では特に読者を悩ませたり、唸らせたりする会話も謎かけもなく、割とすんなりと事件は解決へ。このスピード解決は、一々その場その場に応じた疑問や可能性を提示し語ってくれる探偵役の芸大生・真鍋の力による所が大きいのだけど、椙田氏によると、そういうやり方をするのは、頭のバッファが足りない証拠なんだそうだ。

 おどろおどろしい道具立ての中での血なまぐさい事件・・・盲点になっていた事柄が明らかになって、するすると真相が明らかになっていく。確かに気持ちよく事件は解決するのだけど、何だか満足していないものを自分の中に感じて考える。

 そうか・・・、ドロドロが足りないんだ。

 この旧家の人たちの間に渦巻いていただろう思惑・軋轢、複雑にからむ人間関係、それぞれの心の中がいたってドライに扱われているところに、肩すかしをくらったような気分を味わう。私って、ミステリーを読む時は、そこに仕掛けられた知的なゲームを楽しみたいのではなく、事件の周辺の人たちが抱える事情を覗き見するという、お昼のワイドショー的下世話な興味を満たしたかったのだなと解ってちょっと愕然。

 結局、当事者の意図とか思惑は考慮されなくても、理屈と検証で事件は解決・理解されていくわけで・・・そのへんのモヤモヤ感も森ミステリの味わいか。それにしても、あまりにも佐竹家の人たちの心の内が読めないんで、私なんか“なんで千鶴は兄の捜索を頼んだんだろう?”と頭を抱えている始末。

 シリーズ第1作のため、登場人物顔見世~という観もあり。他シリーズとの人物のつながりもあるようだけど、他作品を読んでいない私にはよく解らん。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ