2008-08-20

神々の流竄 : 梅原猛

 出雲神話の舞台は本当に出雲の地であったのか? 出雲は古き神々が流され葬られた「神々の流竄」の地ではないのか? 出雲神話は何を隠しているのか。

 記紀に語られる神話に疑いの目を持つことで見えてくる、古代における宗教的、政治的闘争の跡。用意周到に仕掛けられ隠されたある人物の意図。

 梅原氏はどのようにしてこの着想に到ったのだろうか? 自序には以下のような文がある。 

 私は、日本古代世界について、一人の好奇心にみちた旅人に過ぎなかった。 ~略~ 
 藤原不比等の霊は、たまたまそこに通りかかった、人間と世界にたいするあくことのない好奇心をもち、 ~略~ 孤独で自由な心情にあった私に、千何百年のあいだ隠していた秘密を、ひそかにもらしたように思われた。


 哲学者として、真実に到達するためのストイックで冷徹な態度を持つ梅原氏の文章は、時にとてもロマンティックだ。先に読んだ「隠された十字架―法隆寺論」では、翼を持ったようにのびやかに駆ける氏の想像力に心を掴まれた。

 しかし、この記紀についての論文ではそういう想像力の迸りはまだ陰をひそめているようだ。著者自ら大きな衝撃を受けたにちがいないこの仮説を世に問うため、ひたすらに自説の正当性を、そこに矛盾がないことを証明するため、たたきつけるように提示される証拠の品々。自らの仮説から研ぎ出されたピースが、明らかに一つの絵となっていく様を目の当たりにする興奮のままに筆を走らせたかのような荒削りな迫力。

 氏の論文の文芸的な美しさ、面白さに惹かれる者としては、少しこの論文は荒々しすぎる。しかし、後半、記紀撰修の頃の政治的情勢に着目しながら、記紀が秘める目的、役割をあぶりだしていくあたりで語られる、ダークな色彩を帯びた不比等の超人ぶりは、読み手を魅了するに充分。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ