2008-07-16

あやつられ文楽鑑賞 : 三浦しをん

 『桃色の本能オーラだだ漏れ』(「まえがき」より)の言葉どおり、しをんさんが文楽を見る、楽しむ、楽屋訪問で興奮する、人形にご対面でさらに大興奮する、楽屋での男性同士のやりとりに妄想脳を蠢めかせ鼻息を荒くする・・・といった内容のエッセイ。

 文楽の魅力を未だ知らない読者に、その楽しみ方をレクチャーするなんて気はあまり無さそう。ひたすら己の趣味と興味を全うし、その楽しみに溺れるしをんさんは、読者など置き去りだ。「文楽を見る」ことが「漫画を読む」に次ぐ娯楽だと言うのだから、そこで発揮されるパワーは推して知るべし。

 文楽を見る為に京都へ、大阪へ、四国へと足をのばし、(いつも東京で見ているのに、その上に!だ)10時間座りっぱなしで通し上演を見る。たまに、上演中極上の睡眠を貪る。文楽の台本を書いた戯作者たちの姿を妄想する。その文楽堪能っぷりは微笑ましいと同時に妬ましくもなるほど。

 しをんさんは文楽の魅力にどっぷり溺れているけれども、決してそれに飲まれてはいないっていうか・・・醒めるべきところはきっちり醒めてらっしゃるんですよね。例えばそれは、舞台に登場する狐や猪の人形が、彼女の目にはちゃんとぬいぐるみに見えているっていうところに覗えたりするんだけど・・・。名作「仮名手本忠臣蔵」を観ての的確すぎるツッコミ、登場人物たちの心情への鋭い洞察は、彼女がしっかりと自分の視点で文楽を観ていることの証。


 本書は読者を文楽鑑賞へと誘う本では無いかもしれない。何しろ著者の独走態勢が凄すぎる。でも、少しでもしをんさんの浮かれっぷりに何か感じたなら、走り去る彼女の背中を追いかけてみるのも良いかもしれない。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ