2008-06-25

まほろ駅前多田便利軒 : 三浦しをん

 東京郊外のまほろ駅前で便利屋を営む多田と、その事務所に転がり込んだまま居ついてしまった行天。よくわからない関係を続けながら、今日も舞い込む仕事に追われる二人。

 ライトな小説です。多田も行天もそれぞれ心にぬぐいきれない傷を負い、それに苛まれ続けているのだけど、彼らの負った傷はこのお話の中で、(言葉は悪いが)多田や行天を彩るアクセサリーとしてのみ機能し、それ以上の重さを感じさせない。(「月魚」において、太一と真志喜が抱える罪の意識が物語の適度なスパイスとなっていたように。)

 こういう軽やかさは、時にありがたい。いつもいつも、読み手を押し潰してしまいそうな小説ばかり読んでいるわけにはいかないんだ。ちくちく痛いものを飾りにまぶした、甘~いまやかしが必要な時だってあります!

 しをんさんの小説には、“自分につけられた傷は、その傷をつけた当人には永遠に伝わらない”と苦しむ人物と、“誰かを傷つけてしまった”という自分しか知らない罪で自らを責め続ける人物が見受けられる。それぞれが一人相撲をしながら誰かと一緒にいる。そういうのにほっとすることもあるんだなぁ。


 それはそれとして・・・

 多田が行天との会話の中で、時折不必要に(と、私には思われる)BL的反応を見せるのは、そっち方面に馴染みのない方にしてみれば、“なんでそうなるの?”ってかなり違和感を感じるとこではないかと思うんですが、どうでしょう? “男が二人いたらアヤしい関係だと思うのはどうにかしろ”・・・と、しをんさんの弟ならずともつっこんでしまうとこでしょう。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ