FC2ブログ
2008-04-16

おはなしの知恵 : 河合隼雄

 「おはなし」は役に立つ薬であり、同時に危険な毒でもある。

 人々に好んで語られる物語には、心に強く訴え、虜にする魅力がある。我々に色んなことを教えてくれているようにも見える。しかし、その物語に打たれ、そのまま「おはなし」に身を投じるということは、とても危険な事態を招いてしまうこともある。

 「おはなし」を生きるのではなく、「おはなし」を自分の生に役立つものとして利用する。著者は読者に寄り添いながら世界の神話、民話、昔話をひき、そのために必要な視点、心の持ちようを示してくれる。

 心理療法の現場にも立つ著者ならではの実用的な書と言えるだろう。また同時に「おはなし」を色々な角度から眺めて見る雑学的な楽しみを提供してくれるエンターテイメントの書でもある。


 ところで、本書とは関係ないが、「おはなし」と聞いて私の頭から離れないのは、『ノーライフキング』のあとがきでいとうせいこう氏が書いた「僕は呪われ続けたのだ。『小説を書くな。お話を書け。~略』と。」という言葉。では小説とは何なのか?
 
 いとう氏は続けて、次は小説を書くつもりでいること、それが『ワールズ・エンド・ガーデン』であることを書いているのだが・・・

 私には未だに理解しきれない言葉なのだ~。 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ