2008-03-29

見仏記-仏友編・親孝行編 : みうらじゅん・いとうせいこう

「見仏記2-仏友篇」「見仏記4- 親孝行篇」 : みうらじゅん・いとうせいこう

 いつもの旅の出発地点「東京駅銀の鈴」に二人がやってくると、私も無性に旅支度を整えたくなる。この「見仏記」シリーズは私の旅情を今一番そそる読み物なのだ!

 まず、目的地が(「海外篇」を除いては)ちょっと思い立ったら行けちゃう所なのがいい。みうら氏が直感的一言とイラストで、いとう氏がひねりぬいた描写で見せてくれる仏(ブツ)たちのヴィジュアルが脳内を彩ってくれて楽しい。タクシーを利用しての忙しい旅であるにもかかわらず、広がる妄想と浮遊する思索、深いリラックス状態に落ち込んでいく二人がいい。仏たちが見てきた長い長い時間の前に、人間の孤独を見ちゃってちょっぴり無口になったりするのがいい。二人のアツい友情にたまにホロリとさせられるのがいい。

 シリーズ4冊目まで読んできて、最近気になるのが十一面観音。十一面観音について語るときには決まって、みうら・いとう両氏が、色っぽいだの、フェロモンだの、悩ましいだのといった言葉を吐くのだ。宝冠や胸元に装身具を垂らし、腰を心持ちひねり右手を下に垂らし、左手に蓮の花を差した宝瓶を持つ独特のポーズには、確かにドギマギさせられるような色気が漂っている。いずれ両氏にならって、十一面が密集しているという琵琶湖・湖北を訪れたいものである。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ