FC2ブログ
2008-02-27

グラン・ヴァカンス-廃園の天使Ⅰ : 飛浩隆

 現実世界の人間をゲストとして招く為に、ネットワーク上に創り出された仮想リゾート<数値海岸>の一区画・<夏の区界>。しかし、<夏の区界>へのゲストの訪問は途絶えて久しく、区界の住人であるAIたちだけで過ごす夏の日がもう1000年も続いている。

 突然、<夏の区界>を蝕む力・・・「蜘蛛」が区界の空に「無」の穴を開けて降り注いで来る。餓えにみちた「蜘蛛」は住人を襲い、街を飲み込み、すべてを無惨に無化していく。わずかに生き残ったAIたちは「東の入り江」の「鉱泉ホテル」に立て籠もり、能力の限りを尽くした最後の抵抗を試みる。

 例えば、ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」で世界を襲う「無」は、主人公の少年の勇気と希望によって退けられるものだったが、その存在が予めプログラムされたものであるAIたちの戦いは、初めから絶望的なものであることが予感される。

 歴史と美しい風景を持つ<夏の区界>に、個々の記憶と個性と魂を持って生きるAIたちの生存をかけた悲壮な戦い・・・プログラムされた存在でありながら、上位のプログラムに抵抗を試みた美しいAIたち。彼らには何故“体験されていない記憶”が刻印されているのか? 彼らの戦いは何の為なのか?

 驚くべきヴィジュアル・イメージで描かれる「プログラム」の戦いは、感情と存在感を持つ彼らにふさわしく、残酷でグロテスクで苦しみに満ちている。その悲惨さと苦しみの先に、まだ終わりではない「何か」を含んで物語は進む。

 ここで語られた一つの区界での攻防は、大きな物語の一部でしかない。全体像が現れるのはいつか・・・。

 
 “存在し始める以前の”歴史や記憶を付与され、深みのあるバックボーンとディティールを備えた世界として、仮想リゾート<数値海岸>がネットワーク上に現れたように、紙の上に見たことも無い世界を出現させる著者のイメージと筆の力に驚嘆する。

 区界の事象に影響を及ぼす石・「硝子体」を唯一の武器に戦う少年・ジュール、少女・ジュリー、青年・ジョゼら特別なAIたち・・・ 

 先を読みたくて、気持ちとページをめくる指は逸るのだけど、そんなに急いで読み飛ばさせてくれない文章の力に、しっかりと手綱をひかれ、留められているような不思議な感覚を味わった。

FC2 Blog Ranking

 近頃、この小説で描かれているような仮想現実の研究が実際に進んでいるというニュースを見た。

この小説の中では「情報的似姿」と呼ばれる、ある個人のデータを集積して生み出した分身。その分身にヴァーチャル・リアリティで色々な体験をさせ、その体験を現実の肉体にフィードバックする。

実用可能な技術とするため、研究はどんどん進んでいるのだそうだ。
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ