FC2ブログ
2006-08-31

ニッポニア・ニッポン : 阿部和重

 阿部和重氏が「グランド・フィナーレ」で芥川賞を受賞し話題になっていた頃、本屋で平積みになっていた中から手にとって読んだ作品です。

 故郷を追われるに至った苦い体験から引きこもり生活をする少年・鴇谷春生は自分の名と同じ字を持つ鳥・トキ(ニッポニアニッポン)にシンパシーを感じている。思考の末に「ニッポニア・ニッポン問題の最終解決」計画を練り上げた春生は密かに武装し、トキが囚われている佐渡へ向かう。

 春生の言動は、現実にニュースで報道される昨今の事件を思わせるようなものもあり、どうしてもその部分に過敏に反応して「すわ社会問題小説か」とも思えたりするのですが、ちょっとひいて見てみると春生って多くの人が経験する(と思うんだけど)ダメ人間時代にデフォルメを施したキャラじゃないですか? そう思って読むと春生の七転八倒具合が「ダメな俺の青春小説」にも見えてきます。

 人の死を含む話なのであまり軽々しく断じるのも気がひけるのですが、この小説の中での死は何かの符号なのではないでしょうか。例えば取り返しのつかない失敗とか、超えられない壁とか、永遠に失ってしまったものとか。

 この小説についての解説文で「トキ=天皇=国家の象徴」というような図式を見かけたりもしましたが、この小説の中で真剣にこの図式が成り立っているようには感じられないのです。春生が「トキ・佐渡金山・昭和天皇」の間にある小さな関連性を見つけ「貴の三角形」と名づけるなんていう場面が描かれますが、それにしたって「貴の三角形」という言葉の響きが何となく格好良くて気に入ったという、かりそめの思いつき程度のものなのではないかと思えるのですが…。そういうことからも、この小説は「研ぎ澄まされた知的企みが国家の抱える矛盾をあぶりだす問題作」とかいう類のものではなく、現代の「ダメな俺小説」だと思うのは乱暴でしょうか?


 ところで、「ニッポニア・ニッポン」というと、私はさだまさしの曲「前夜(桃花鳥)」をまず思い浮かべてしまいます。朱鷺がきっと近い将来絶滅してしまうことや、どんどんと姿を変えていく日本や遠い国の戦争を憂いながらも、「自分たちのことだけで僕らは充分に忙しすぎる」と無力感や諦念とともに受け入れていくという切ない歌詞でした。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ