2008-01-30

少女七竈と七人の可愛そうな大人 : 桜庭一樹

 川村優奈・・・厳しい母の信念にしたがって、気付くと平凡で感じの良い「白っぽい丸」のような女になっていた。自分の心のかたちを変えるべく、「辻斬りのような男遊び」を決行し、父親のわからぬ娘を産んだ後も、一人出奔してしまうことの多い「旅人」。

 川村七竈・・・母・優奈の辻斬りのような男遊びのせいで、「たいへん遺憾ながら」地方の小さな町では悪目立ちする、たいへんな美貌に生まれてしまった少女。同じ美しい顔をした少年・桂雪風と2人で鉄道模型の世界を作ることに没頭。


 叶わない恋のあわれさと、なかなか触れ合わず、かさかさとすれちがう滑稽にも哀しい大人たちの姿が、少々芝居がかった言葉で語られる。

 町を覆う白い雪と七竈の真っ赤な実という印象的な色の対比、美しすぎるかんばせをした少女と少年、小さな町のふつうの世界にとけこめない異形の2人の淡い恋・・・ともすると浮世ばなれした情緒的な世界に誘われるが、語られているのは、とても現実的な母娘の関係を中心にした成長の物語。

 自分の中にある母の影をどうすればいいのか?

 どうやって私は「私」を受け入れていくのか・・・。

 自分たちが変わっていくこと、今の世界が終わることを予感して怯える17、18歳の少年少女たちの姿には、少し胸が震える。晩熟・・・というより少々鈍い私がそんな不安な気持になったのは、彼女らの年頃よりも数年後だったか・・・。


 「少女七竈~」も含めて、母娘が登場する作品というと、これまで私は娘の視点・心情から書かれたものにしか当たらなかったような気がするが、そろそろ母親の側からの作品も読んでみたいなと思う。それに父と息子という関係もどんなものか興味あるな。少女七竈~」の裏バージョンとして、雪風と父・桂くんの物語があれば読んでみたいけど・・・。でも、男同士の関係は、やはり男性が書いた方が良いのだろうか?

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ