2008-01-26

うつくしく、やさしく、おろかなり-私の惚れた「江戸」 : 杉浦日向子

 「江戸」を深く愛した身ではあるが、「江戸に住みたかったろう」という問いかけに対しては、「自分は今が良い。昨日でも明日でもない、今日この日の、ここが良い。」と答える、杉浦日向子氏のはっきりと、強く「現在」を肯定する言葉が綴られた一編の文章からこの本は始まる。この“今が一番いい”と言える姿勢、大好きです。自分も胸を張ってそう言いたい。

 少し硬めの刊行物やシンポジウムなどで発表されたものが多いのか、他のエッセイ集などで見れる、つい今見てきた江戸の路地や長屋の様子を語ってくれるようなはずむ口調とは違い、この本に収められた言葉はちょっと硬め。

 「『江戸』の知恵に学ぶ」などということが言われるが、現代人のほうが余程つよくて、ゆたかでかしこいんですよ、ということを前提においた上で、江戸のスリムで合理的な生活様式とか、用をなさない「無駄」を楽しむ精神的な幅といったことなどに、今改めて目を向けてみるのも面白いですよ、と噛んで含めるように語ってくれる。

 「江戸」はうつくしく、やさしいばかりの世界じゃない。芯のある言葉で、ことさらに江戸を美化した「江戸ブーム」への違和感を表明し、封建で未開でおろかな「江戸」という情夫に、“死なばもろとも”と惚れてしまったと心中立て。熱い熱い日向子氏の恋文を読ませてもらった。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ