FC2ブログ
2007-11-28

大江戸観光 : 杉浦日向子

 色々な雑誌に書かれた、江戸エッセイを集めたもの。浮世絵、歌舞伎、江戸の読み物、花魁、陰間、美形列伝、狐狸妖怪、江戸のアヤシゲなものたち、時代考証と時代劇・・・知っていると、ちょっと嬉しい気持ちになれる、江戸の美味しいところをつまみ食いさせてくれます。20代の頃に書かれたものが多いのかなぁ? 文章が若々しい気がします。

 杉浦日向子さんの書かれたものを読んでいると、「なるほど! そういう見方もあるんだね。」って気付かされることがよくあります。

 今回は歌舞伎について書かれた部分に、“ナルホドナ~”と深々とうなずくと共に、杉浦氏の眼力に脱帽。

 江戸の歌舞伎の血肉であった「滑稽・卑猥・残酷・乱雑」を捨て、きれいな舎利骨として転生し、お上のお墨付きの「伝承芸能」となった歌舞伎。今頃になって、「歌舞伎の活性化」とか「民衆の娯楽としての歌舞伎を云々」ということが言われるが、それを言うのはゼイタクってもんだと。

 そもそも、民衆劇を脱却して高尚化するという選択をしていなければ、あまた出てきた同時代の演劇、エンターテインメントに押されて、歌舞伎は消えていってしまっていただろう。この明治期の大英断のおかげで、兎にも角にも「今も歌舞伎を観ることができる」ことを感謝しなけりゃいかん。

 そういうことを杉浦氏はおっしゃってます。

 その上で杉浦氏が提案する歌舞伎の楽しみ方・・・「伝承の型」として高められ、洗練され、観るものの日常から遠ざかることで、舞台と客席の間に生じた独特の「ひずみ」を体験すること。前衛的な舞台などでは意図的につくり出されるこの呪術的な空間が、伝承芸能の中には、長い年月の繰り返しによって、自然発生的に生まれている。その「異次元」を楽しむことが、現代の歌舞伎の効率的な楽しみ方ではないか・・・と。

 私としては、歌舞伎の「異次元」感覚って、呪術的というよりも、マンガやアニメにも共通する、ファンの嗜好・欲望に過剰気味に適応した超日常的甘い罠・・・のように思えるんだけどなぁ。 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ