2007-10-31

演技でいいから友達でいて : 松尾スズキ

 タイトルがね~ 何か良くって目についた本。「演技でいいから友達でいて」って、そこまで“自分に必要だ!”って思える人がいるっていいなぁと・・・。

 松尾スズキ氏が演劇界のすごい人たちと語り合うこの本・・・豪華顔合わせの面白対談というのではなく、かなり真面目な演技論が出てきたりするので、本当なら私のような演劇に興味の無い人間ではなく、演劇好きの人が読むべきものなんだと思うなぁ。

 で、なんで演劇に疎い私がこの本を読んだかというと、ひとえに中村勘三郎さん(当時は勘九郎)が対談相手として出ていらっしゃったからで・・・。コクーン歌舞伎(見たこと無いけど)や、野田秀樹氏に新作歌舞伎の執筆を依頼したりと、小劇場出身の演劇に近づいたりしている勘三郎さんがどういうことを考えているのか、歌舞伎とそういう芝居の違い、または互いに取り入れるべきところをどのように見ておられるのか。歌舞伎以外の演劇畑の人にとって歌舞伎はどういうものなのか。そういうのを読んでみたかったんですよ。・・・結局この対談読んだだけじゃ解らなかったけど。観る側もやる側もまだ結論を出しかねる試行錯誤の段階なんだろうなぁ。

 でもね、一つ面白い話はありました。「歌舞伎って何ですか?」ってきかれた時の勘三郎さんが考える答えの一つ・・・

 「禁制を犯しちゃってるんだけど、御上がきたら『ごめんなさい』って逃げちゃう。『これは正しい』とは言えずに、すぐ『どうもすいませんでした』って謝っちゃうのが、なんかカブキ者っていうか。」

 なんかこれいい! 歌舞伎の持ってる悲しさというか、余裕というか、ひねくれたとこというか、なんかそんな感じ・・・ちょっとわかる。 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ