2007-09-29

隠居のひなたぼっこ : 杉浦日向子

 江戸から割と最近まで・・・日本人の生活に溶け込んできた道具やモノへの愛着や想いを、春夏秋冬の季節毎に綴ったエッセイ。

 杉浦日向子さんの著作を読むと、江戸の生活への憧れをかきたてられずにはいられない。もちろん、がっちり身分制度に縛られた時代だし、衛生状態は今に比べれば劣悪だろうし、電気も高速移動の手段もない生活は、今の私に耐えられるものじゃないに決まってる。でも、「耳掻き屋」なんて生業が成立する・暑い夏は無理せずサボる・季節によって一刻の長さまで変わる不定時法の時間の中で暮らす江戸の生活への憧れの気持ちは止め難い。

 ボロボロに穴の空いた蚊帳を「蓬莱蚊帳」と呼ぶ-【「鶴と亀が(吊ると蚊めが)舞い遊ぶ」から】-やけっぱちなユーモアとエスプリ。

 お洒落へのこだわりも非常にハイレベル。男は尻っ端折りした時に褌からはみ出すとみっともないからとムダ毛の処理に気を遣い、女は着物からのぞいて見える踵の手入れに余念が無い。

 長い泰平の世の中で熟していったこの都市文化はどこへ消えてしまったんでしょう?


 このエッセイの中に登場するもので、できることなら生活に取り入れたいと思ったのは、行灯と屏風(二つ折のがいいな)。

 行灯・・・電気の灯りでは、たとえほたる電球だって部屋の隅まで照らしてしまい闇ができることがない。行灯の灯りとともに現れてくる「闇」というのを見てみたい。(でも、街で暮らしてると、部屋の電気を全部消したって、一晩中窓の外が明るい。)

 屏風・・・独りが好きなくせに、誰かに見守っていて欲しい私には屏風で仕切られたくらいのプライベートスペースがちょうどいいかもしれない。 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ