2007-08-29

団蔵入水 : 戸板康二

 昭和の歌舞伎界に取材したノンフィクション「団蔵入水」「殺された仁左衛門」「名優退場」の3編と、時代小説6編を収録。

「団蔵入水」
 昭和41年6月 引退公演を終えて間もない老優・八代目市川団蔵は瀬戸内海を走る船上から入水自殺を遂げた。団蔵入水の報に触れて、その“上手くない役者”であった団蔵の舞台人生、心のうちに思いをやる筆者。

 劇評家らからの華々しい評価はなかった団蔵の年老いてからの自殺については、当時色々の憶測もとんだのかもしれないが、筆者はその死の真相にずかずかと踏み込むことはせず、死の前に団蔵が四国遍路をして過ごした日々にそっと想像をめぐらせる。歯切れ悪くも感じられるその文章に、劇評家である筆者の“上手くない役者”団蔵への思いが秘められているよう。

「殺された仁左衛門」
 敗戦直後の混乱の時代、使用人に家族とともに惨殺された十二代目片岡仁左衛門。楽ではなかった台所事情、使用人とのいざこざまで取材され、ちょっとゴシップ的。

「名優退場」
 六代目尾上菊五郎と初代中村吉右衛門、たがいにしのぎをけずって昭和の歌舞伎を盛り上げた二人の役者の交流と別れ。


 同時に収録されている時代小説の方は、市井の人々とそこにおこる小さな事件をこじんまりと描いている。最近の小説の刺激や主張の強い文章に慣れていると、拍子抜けするくらいあっさりとして見える。
 町に生きるちっぽけな人たち、悪い心をおこして罪をおかしてしまう人、運悪く犠牲になる人、小さな幸せを守って生きる人、小さな不運に耐えて生きる人・・・それぞれを声高に主張し、ことさらに生々しく描き出すのではなく、すべてをさらさら照らす月の光のような淡い筆致・眼差しはすべての人に優しく注がれている。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ