2007-08-04

嗤う伊右衛門  : 京極夏彦

 「四谷雑談集」「東海道四谷怪談」といった古典のテクストをほどき、京極氏の手によって新たに織り上げられた岩と伊右衛門の物語。

 「闇」「境界」「隙間」。「闇」と「己」の境界、「境界」を破って何かが侵入してくる、又は流れ出していく「隙間」・・・そういうものが息苦しくなるような切迫感をもって繰り返し書かれる。

 黒々とどこまでも広がる世間に対して、薄い境界一枚隔てて、己を保つことの不安・・・閉じて膨れるか、破れて流れ出るか・・・息苦しい闇の中で、男も女も互いに触れようとする手はすれ違いを続ける。


 美しい顔は崩れても心根は正しく、そして己の正しさに頑なな女・岩

 笑わず、主張せず、他への気遣いに磨り減っていく悲しい侍・伊右衛門

 “誠実・実直な侍”という殻を拠り所に生きてきた岩の父・又左衛門

 訳もわからぬ自らの不機嫌に苛まれる悪役・伊東喜兵衛

 妹一途の不器用な男・直助権兵衛

 鈍だが邪気のない按摩・宅悦

 自分では全て承知、自分のことも相手のことも皆解っているつもりで振舞いながら、闇の中で自らの境界が溶けていくこと恐れる心に、互いの想いは分厚いガラスを通したように屈折して触れ合うことが無い。

 それぞれに正しく生きているはずの男女の、悲しく美しい純愛物語のような、または愚かしい一人相撲の挙句の悲劇のような・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嗤う伊右衛門 【京極夏彦】

笑ったことのない、寡黙で実直な侍、伊右衛門。 疱瘡を病み顔崩れても、気丈で聡明で凛として正しさを失わない、岩。この二人の、狂おしいほどに互いを想う愛が描かれた、儚く美しい究極のラブストーリー。岩は、あの四谷怪談で有名な『お岩さん』。でもこれは、四谷怪

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ