FC2ブログ
2020-01-25

魔法の色を知っているか? : 森博嗣

『魔法の色を知っているか? What Color is the Magic ?』 森博嗣

 Wシリーズ、順調に読み進めております。と同時に、マガタ・シキ博士が天才的な科学者というよりも、もうほとんど女神の如き存在感で登場するのを見るにつけ、これまで敬遠してきたS&M、V、Gの各シリーズも結局読まなきゃいけなくなるんじゃないのか? と、ちょっと恐怖しております。

 限りない寿命を得た一方で、子供を産むことができなくなった人間。『ウォーカロン』として生産される、人間とほとんど違いのない存在。・・・ハギリたちは今でも人間の子供が生まれているという地・チベットに向かう。

 物語世界の様相は割とわかりやすく提示されているし、ハギリたちを襲う事件はSFアクション映画さながらな感じだし、登場するキャラクターの造形もなんだか・・・このシリーズはエンターテイメント色濃いめなのかな。

 語り手であるハギリ博士、ご本人にあまり守られるべき自覚がない割に(なんで襲われるのかもわかんないんだから仕方ないといえばないんだけども)、随分厳重に献身的に守られてる。そのあたりの機微というか理由も、これから読み進めるうちにわかってくるのかなぁ。 




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2020-01-11

彼女は一人で歩くのか? Dose She Walk Alone ? : 森博嗣

『彼女は一人で歩くのか? Dose She Walk Alone ?』 森博嗣

 長いシリーズものを読み通す根気に自信がなくて、これまで敬遠してきたのだけれど、この後に続くらしいWWシリーズが面白そうだし、これから読もうと思っている『赤目姫の潮解』をより楽しむためにも、このシリーズは読んでおいた方がいいのかな・・・と思い、意を決してとりかかりました。読み始めてみるとページがどんどん進んで、意外と早くシリーズ読み通せそう。

 人間の細胞から培養した人工細胞の身体に神経回路を人工的にインストールして生産される『ウォーカロン』。すでに人間との判別も困難になった『ウォーカロン』が人口のかなりの部分を占める世の中。科学者ハギリは突然命を狙われる・・・。

 世の中の現状を提示し、そして事件が起こる・・・これ一冊がシリーズのイントロダクションのような印象。

 頭の中から思考の糸をぐるぐる引き出してくれるのは、森作品の常のことだが、これまでのように架空の世界の中で純粋に思考するという感覚とは少し違って、本作では思考がかなり現実に引き寄せられる感じ。

 森作品を読んでいてゾワゾワするのは、リアルとは少し質感の違う夢の中のような視覚が開かれていくこと。それ以上にゾクリとするのが、その視覚が裏切られる、または更新される瞬間があること。さあ、この作品はこれから何を見せるのか・・・。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ