FC2ブログ
2019-08-10

女たち三百人の裏切りの書 : 古川日出男

『女たち三百人の裏切りの書』 古川日出男

 なんで『女の裏切り』にこだわったのか、そこんとこがよくわかんない。

 既存の物語を読み替え、語り直し・・・。語る者、聞く者、書く者、読む者たちを取り込み、巻き込んで、やがて物語は分裂し増殖する。物語は物語の外の世界に滲み出し、外の世界は自ら物語の一部となり・・・。

 物語の中で語られる物語、その外側にある物語、さらに外側でその物語を読む者への問いかけ・・・重層的な仕掛けで紫式部の『源氏物語』宇治十帖が次第にその姿を変えていくのだが・・・

 一番引き込まれたのは、物語が大きく動き変わっていく後半よりも、式部の宇治の物語をほんの少しだけずらして語り直す物語序盤の部分であって、さすが『人を惑わす物語を語った罪で地獄に堕ちた』といわれる紫式部の凄みを改めて感じさせられたのだった。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ