FC2ブログ
2019-06-22

シューマンの指 : 奥泉光

『シューマンの指』 奥泉光

 指を失ったはずのピアニストがシューマンの故郷の町の小さなホールでピアノを弾いていたことを報せる手紙と、それにつづいて綴られる「私」の手記。長いあいだ封印されていた天才ピアニスト永嶺修人をめぐる記憶が、何事かを秘めた言葉で語りだされる。

 何が語られようとしているのか、語られる言葉は何を隠しているのか・・・。懐かしさと愛しさと不吉さが混ざり合う(それは、手記に記される『永嶺修人の語るシューマン論』と並行するような)語りの先に仄見える決定的な出来事。何かがおかしい。その不穏さに緊張しながら、導かれるままに読み進める。

 シューマンが聴き、表現しようとしたもの、修人が奏でるビアノの音、この世に遍く存在する「音楽」の姿、その「音楽」に撃たれる体験 ~ 五感に触れてイメージを溢れさせる言葉の渦まく流れ。その流れに巻かれ陶然となりながら、「私」の体験と感覚を共有する。やがて静かに終息していく感覚の渦。最後の音の余韻の中で天才ピアニスト永嶺修人をめぐるミステリーのページを閉じた。


 歌人・穂村弘氏の読書日記『きっとあの人は眠っているんだよ』の中で、【天才ピアニストの悪魔的魅力】と題されて、永井するみの『大いなる聴衆』、飛浩隆の「デュオ」とともに紹介されていた一冊。


 

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2019-06-08

Self-Reference ENGINE : 円城塔

『Self-Reference ENGINE』 円城塔

 んんん~~・・・これ、私に感想書けるのかなぁ。正直、これらのお話が語られている世界(宇宙?)がどういうことになっているのかイメージできていやしないし、言葉の意味すらわからなくて、なんとなく読み飛ばすしかなかったとこもあるし。

 しかしなぁ、いまのこの、切ないような・・・寂しいような・・・ウェットな心持ちは何なんだろう?

 本を閉じて思い返してみると、お話を読むというより、次から次へと、それ自体誰かの見ている夢かもしれない夢を見ていたような・・・そんな感じがするのですよ。 

 時間がまっすぐ進むのをやめて、粉々に砕け散った時空間が好き勝手に増殖する中、自然現象なみの計算能力を誇る巨大知性体たちは、この事態をどうにかするべく休む間もなく計算を続けていて。無茶苦茶になってしまった時間と宇宙の中でも人間たちはいくらか健在で、あらゆる方向、あらゆる時に向かって何かを目指して走っていたりして。

 そんな、際限なく生み出されるお話 ~ 人間と巨大知性体たちのなんでもあり、なんにもなしの大冒険を、それこそ夢の中のような奇妙なリアリティで目の当たりにして・・・


 「あぁ、夢だったのか・・・」なんてちょっと虚脱しながら、夢の感触を追っかけたくなるってことは、見ていた夢の中に心惹かれるものがあったってことなんだろうなぁ。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ