FC2ブログ
2019-04-27

きっとあの人は眠っているんだよ : 穂村弘

『きっとあの人は眠っているんだよ  穂村弘の読書日記』 穂村弘

 歌人・穂村弘氏の読書日記。

 漫画、詩歌集、エッセイ、ミステリ、写真集、対談集、絵本、実用本・・・。古本屋めぐりで手に入れて・・・、装丁が気に入って・・・、友人、知人に勧められて・・・、風邪をひいて寝込んだ時に・・・、一切の゛ためになる本”が読みたくない時に・・・穂村氏が手に取り、読んだ本にまつわるあれこれ。

 やはりここでも突出して見えるのは穂村氏の異世界願望。「世界が反転する感覚」とか「日常生活とはレベルを異にするリアリティの現出」だとか「現実を突き抜けてしまう言葉や思い」への強い憧れ。読書によってもたらされるそういう体験や瞬間へのひりつくような期待、濃すぎる愛着。異世界を内包した書物と、それを読むことで束の間現れる、この世のものではないリアル。その硬質な美しさをいとおしむ手触りと、そこに漂う幸福な切なさ。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2019-04-13

あの家に暮らす四人の女 : 三浦しをん

『あの家に暮らす四人の女』 三浦しをん

 しをんさんの小説を読むのは3年ぶり。読み始めて少しして思う・・・゛やっぱり読みやすい”。たしかエッセイに書かれていたと思うのだけど、しをんさんは何度も音読をして作品に手を入れるのだとか。そこから生まれるのであろう心地よいリズムにのった筆運び。思わずニヤニヤくすくすしてしまうひねった言葉、言い回し。滑るようにページが進む。

 ただ、スイスイとページは進むのに、なかなか「没入」が来ない。四人の女たちの暮らしぶり、キャラクター、関係性・・・などなどからして、以前ならもっと登場人物の誰かに共感したり、感情移入したり、杉並の木立を透かす日差しや、梢を吹く風、雨や土の匂いまで感じられるほど夢中になったり・・・容易に出来てたはずなのに。ページをめくりながら私はずっと本の外から四人の暮らしぶりを眺めてる。どうしたことだ。

 一体何が変わってしまったのか。私の中の何かを感じ、共感する力はこうも衰え、鈍ってしまったのか。この先、物語や小説に激しく心揺さぶられることはなくなっていくのか・・・と嘆かわしくなってきた。

 しばらくオロオロと考えていたのだけど、何もそんなに悪いことじゃない・・・の・かもしれない。鶴代と佐知母娘の関係や、穏やかな中にも細々とした問題や屈託をかかえて暮らす佐知、雪乃、多恵美の言動に、以前ならいちいち波立っていた私の中のコンプレックスやわだかまりは、いつのまにか大半が消化され凪いでいるということでもあるのだろう。ここまで来るあいだには、きっと色んなものに寄り添ってもらっていたんだろうなぁ、私。
 
 初めてしをんさんの小説を読んでから、もう15年近くたつんだなぁ。歳をとったんだなぁ、私。でも佐知たちは、10年後に本を開いたとしても今の歳のままで、四人(五人?)で一つ屋根の下に暮らしていて、そしてまた、本を開いた誰かに寄り添ったりするんだろうなぁ。

  

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ