FC2ブログ
2019-03-23

おらおらでひとりいぐも : 若竹千佐子

『おらおらでひとりいぐも 』 若竹千佐子

 ネズミのたてる物音を聞きながら居間で茶をすする桃子さん。病院の待合室でまわりの人たちの様子を眺める桃子さん。亡き夫の墓への短くはない道のりを痛む足で歩いていく桃子さん。傍からみればただそのようにしか見えない桃子さんの中では、たくさんの声や言葉がとめどなくあふれ語り合い渦巻いている。

 自身の身体的・生理的・精神的状況、地球46億年の歴史、論理的思考、経験的知恵や感覚、記憶の底から浮かんでくる過去の情景・・・東北弁、文語表現、日常的な口語体、境目もなく絡み合いながら、老いにさしかかった桃子さんの内側で言葉となってだだ漏れる様々なことども。

 言葉の渦巻くさまは町田康のようだなぁ、とも思った。町田康の言葉が狂騒的なビートやちゃかぽこいうお囃子のリズムにのって繰り出されるのに対し、桃子さんの言葉は何というかなぁ・・・ブーンと唸る低周波音の振動のようだけど。

 桃子さんの中で交わされる会話、桃子さんの中で溢れ渦巻く言葉、それらは良くも悪くも桃子さんただ独りのものでしかない・・・のかな。桃子さんの言葉は桃子さんの来し方から生まれているのであり、桃子さんは「経験しなければわからないことがある」と思うのであり、桃子さんは「ひとりでいく」と言っているのだから。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ