FC2ブログ
2019-02-23

自生の夢 : 飛浩隆

『自生の夢』 飛浩隆

 2010年頃から使っていたWindows7 PCの調子が悪くなり、最近Windows10 PCに買い替えたのだけど、初期設定やら何やらをしながら、色んな場面で“インターネットに接続されてること“が要求されるのに「・・・不自由なことだなぁ」と溜息をつきたい気分になった。この先、もっとたくさんの場面で“ネットに接続されていること”を要求されるようになるのだろうなぁ、私らは。

 表題作「自生の夢」とそこに繋がる作品の登場人物たちは、息をするように世界を覆う情報と繋がっている。今現在の私たちよりもはるかに拡張された形で思考し、記述し、存在する彼ら。では、その「拡張」は誰のものなのか。

 もしも、そういう“拡張された”存在が現実となったとして、「何ものとも共有されない私」はどこに行くのか。
 

 非常な緊張感で意味とイメージが圧縮された言葉。その言葉で記された世界。本の中に詰まったものをすべて開放できる読者がいたら、彼らにはいったいどんなものが見えるのだろう。  



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2019-02-09

POLYPHONIC ILLUSION 飛浩隆 初期作品+批評集成

『ポリフォニック・イリュージョン』 飛浩隆

 「まえがき」につづいて収録された短篇「ポリフォニック・イリュージョン」の2ページ目中程まで読んだところで、いきなり中学三年生の頃の教室の風景の中に吹っ飛ばされた。

 当時、仲間数人でマンガやイラスト、小説を持ち寄って質素なコピー誌なぞ作っていたのです。イベントで頒布するなんてレベルのものではなく、ただ仲間内で回し読みする程度のものでしたが。そんなコピー誌に、あるクラスメイトが書いていた小説の文体っていうかなんだろう?言葉遣い?が、この「ポリフォニック・イリュージョン」そのまんまで・・・っていうのはちょっと違うな。とにかく「ポリフォニック~」の2ページくらいまで読んだところで、もっと言うなら2ページ9行目の「オレンジ・ペコ」の一言で、長いこと思い出すこともなかったそのSF好きのクラスメイトが書いた小説とそれにまつわる記憶が溢れる様にフラッシュバックしてきたのだ。

 多分その頃初めて『SF』っていうものを認識したのだけど、私自身はSF小説を読むことも、SF映画を鑑賞することも、ましてやそれらがどういうものなのか理解することも、触れることもなく、SF雑誌を囲んで謎めいた会話を交わす少女たちを、なんだかちょっとこんがらがった感情で眺めるだけだった。

 確か、こちらにも書いたのだけど、今でも私にとっての『SF』はそんな少女たちと、おそらく彼女たちとの交流目的で学園祭に遊びに来ていたメガネの黒髪青年たちの姿をしている。


 『作家(飛浩隆氏)が他人の創作物について書いた文章』を集めた第二部には、読むことへの闘争心を掻きたてられるのだが、その闘争心と闘争そのものを維持する気力、体力をどれだけ燃やし続けられるか・・・自信がない。やはり今年は充実した読書生活のためにも体力強化を図らないと!

 ちゃんとした感想を書かなきゃとは思うんだけど、今回の読書体験においては、正直なところ作品そのものよりも作品を読んだことで巻き起こったフラッシュバックの方が強烈でそこで色々止まっちゃってる。またいつかちゃんと読み返すつもり。





FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ