FC2ブログ
2018-11-24

ヘンな日本美術史 : 山口晃

『ヘンな日本美術史』 山口晃

 三浦しをん『風が強く吹いている』単行本の装画のいい感じ具合がとても好きで、以来、画家・山口晃氏の名前にはちょっと反応してしまう。TVのドキュメンタリーなどを見ての印象は、むずかしいことも、ややこしいものも軽々と描いているように見える「ものすごく上手い人」。

 タイトルに『ヘンな』とあるからには、『すゞしろ日記』のようなユルさと可笑しみ漂う内容かと思ったのだけど、語り口はやわらかながらも、虚心坦懐、真摯に先人の絵と向き合った「山口晃流日本絵画の見方」というべき真面目な絵画論。でも、新聞や教科書や専門書なんかに載る美術評論に比べると『ヘン』なのかなぁ~、もしかして。

 私にとってはすごく気になる、「あ、そこもうちょっと詳しく・・・」ってことが、第一章「日本の古い絵」の鳥獣戯画のくだりで語られている。
 日本の美術を考えたとき、私は「枠」とか「入れ物」という言葉が思い浮かびます。他の国の人たちが中身で勝負するときに、日本人というのは外側でそれをするのです。器とか枠と云ったもので何か物事と向き合うような所がある。

 これ、歌舞伎の魅力にも通じるとこじゃないかと思うのです。私が魅かれてやまない何か。技のかぎりを尽くしてこの上なく美しく精緻につくられた「入れ物」。「枠」や「入れ物」があることで生まれる「中空」。そこに何物かが湛えられている、または流れ込んでいく様を思うとザワザワして仕方がないのです。


  

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2018-11-10

UNDER THE SILVER LAKE

『UNDER THE SILVER LAKE』  監督:David Robert Mitchell

恋に落ちた美女の突然の失踪。オタク青年サムは、暗号解読、都市伝説、サブリミナルなどの知識を活かし、光溢れる街、LA<シルバーレイク>の闇に近づいていく――――

ようこそ、謎と陰謀に満ちた街へ。
 
 消えた美女の姿を追って、街に溢れるメッセージ、映像、音楽に隠された意味を探るサム。この街には一部の人間しか知らない秘密がある・・・。
 
 何してるンだよ、アンタ・・・。だから・・・また、もぉ、なにを・・・

 何もそんなとこに迷い込まなくても、君はちゃんとしようと思えば、ちゃんと生きていけなくもないんじゃないの? いい男なんだし・・・。だから、変なパーティーにばかり行ってないで・・・家賃払えよ。

 それ、別に暗号とか陰謀とかじゃないから、多分。(・・・でも、もしかしたら・・・ ほんのちょっとしたことで世界はぐるりと裏がえるのかもしれない。)

 見たいもんも、見たくないもんも、愛も悪意もごちゃ混ぜのポップな暗黒ムービー。


 長かった・・・。何か、もう、長かった。 上映時間2時間20分。『銀魂2』とほぼ同じ長さだったとは思えない。もう3時間以上観つづけてるんじゃないかって気がした。

 でも、その長い時間が耐え難かったってわけではなくて・・・。ぬるっとした生温かい感情に浸ってスクリーンに見入ってた。

 解ったか?といわれると、かなり解んなかった。好きか?ってきかれると、多分、好きじゃない。

 でも、この2、3か月の間で、映画館にたくさん置いてあったチラシの中から持って帰ろうって気持ちになったのはこの作品のだけだったし、「『銀魂2』観すぎてお小遣いが厳しい今、観るのか? 本当にこの映画観るのか? どうしても観たいか? 後悔しないか?」と何度も自問自答した挙句に「・・・観る」って思ったんだし、今も続いているこの「ぬるっと生温かい感情」に塗れているのも悪くはないと感じている。

FC2 Blog Ranking

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ