FC2ブログ
2018-08-11

U(ウー) : 皆川博子

『U』 皆川博子

 1915年ドイツ。帝国海軍内で秘かに進行する作戦。イギリス軍に鹵獲されたUボート・U13を、機密保持のため、監視の目をかいくぐり自沈させる。本国ではこの危険な任務に志願した水兵ハンス・シャイデマンを救出すべくU19を派遣することが決定された。シャイデマンを見知る者としてこの救出作戦に加わり、U19に乗り込む王立図書館司書ヨハン・フリードホフ。作戦遂行のため、U19は数々の困難が待つ敵地へと向かう。

 続く章では、シャイデマン、フリードホフと同一と思われる人物が、オスマン帝国の強制徴募により周辺国より奴隷として連行されていく少年~シュテファンとヤーノシュとして現れる。

 二十世紀ドイツと十七世紀オスマン帝国~長い時を隔てた二つの世界を、ほとんど変わらぬ姿で生きている者がいる。そして彼らの故郷はトランシルヴァニア。・・・ということは・・・。てっきり、これはヴァンパイアものか、と思ったのは私の早とちり。物語はシュテファンとヤーノシュそれぞれの手記の形をとった【Untergrund】のパートと、作戦決行中のU13内部の様子を語る【U-Boot】のパートが絡み合い、内省的な重苦しさ、閉塞感を湛えて進行する。

 オスマン帝国の奴隷としての生を強いられた少年、シュテファンとヤーノシュ。ある戦闘中に地下の岩塩鉱に落ち込み暗闇を共に彷徨ううち、ごくゆるやかにしか歳をとらない肉体、長い長い時を生きる生命が自らに与えられたことを知る二人。やがてその一人は、自分とは異なる時間を生きる者~生と死を繰り返し世代を重ねて連綿と続いていく命に寄り添い、共に生きることを選び、もう一人は静止したかのような自分だけの時間の中に留まり、周囲を行き過ぎてゆく数多の生に関わることなく、ただ眺めて過ごす。互いの半身のようであった二人の生は分かたれる。


 十七世紀オスマン帝国と二十世紀ドイツ~二つの時、二つの世界は、長い長い生を語る言葉によってやがて一つにつながっていく。それはまた、シュテファンとヤーノシュ、二人の生が再び出会うことでもあったのか・・・




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ