FC2ブログ
2018-07-28

パンク侍、斬られて候

『パンク侍、斬られて候』 監督:石井岳龍

 感想は? と言われれば、「浅野忠信が、何か・・・・・・・凄かった・・」で、それ以上の感想っていうと、町田康の小説を読んだ時の感想を繰り返すことになる。

 宮藤官九郎のエンターテイメントでありながら薄ら気持ちの悪い脚本、饒舌なナレーション、豪華俳優のアクの強い扮装、演技が渾然となった渦巻き状態。小説が醸していた可笑しさと怖さ、バカバカしさと禍々しさが表裏一体の文学的混沌を、よくもまあ、あそこまで映像化したなぁ・・・と。

 要するに、原作再現度に興奮しているわけで、 「いや、何か凄かった!」って感想が一周まわって「ここまで原作が再現されてるって、つまり、イコールほぼ原作?! じゃ、もう、むしろ映像化しなくても良かったんじゃないィっ?!?!」とかわけのわからないトコに落ちそうになったんだけども、随所に感じるちょっと切なくなるようなキュートさは映像ならではか。

町田康『パンク侍、斬られて候』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-339.html

スポンサーサイト



theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ