FC2ブログ
2018-05-26

ヒトごろし : 京極夏彦

『ヒトごろし』 京極夏彦

 幼き日、煌めく刀に切り裂かれ鮮やかな血柱を噴き上げる女の姿を見て以来、己が許されることのない大罪である「ヒトごろし」を欲して止まない人外のものであることを知った歳三。

 ものがたる言葉は、起きている現実と歳三の胸の内を、目の前の出来事と記憶の中の光景を、ゆるゆると往還する。

 異形の土方の魅力満載。鬼の副長・土方歳三を「ヒトごろし」という人外のモノとしてとらえ再構築された「新選組」の物語。熱っぽくゆらめきながらも冷え冷えと醒めた人外の眼。歳三のその人外の眼が視た幕末日本の有り様、事ども。



 内容はまったく異なるけれど、「新選組」「人外」というキーワードの組み合わせから、木下昌輝の『人魚ノ肉』が思い出される。こちらは、人魚の肉を喰った新選組隊士らが文字通り人外のもの~妖異に変じる物語。

『人魚ノ肉』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-753.html

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

tag : 新選組

2018-05-12

誰よりも美しい妻 : 井上荒野

『誰よりも美しい妻』 井上荒野

 先日読んだ書評集『熱い読書 冷たい読書』の中で気になった作品の一つなんだけど・・・ひとくちで感想を言うのが難しい。

 ヴァイオリニストの安海惣介とその美しい妻・園子を中心に、息子の深、惣介の前妻や愛人たち、惣介の友人で園子に想いを寄せる広渡、深が恋をしているクラスメイトの岩崎みくとその家族・・・つながっては離れ、離れてはからまるそれぞれの想いや関係性がモザイク模様のように描かれる。

 ある意味とても純粋な・・・欲求や生理や想いがそのまま言動として表現されてしまう惣介は、小説の登場人物として読めば、そのいちいちの言葉や行動に「は?」と眉を顰め、「無理無理無理無理」と全力で拒絶してしまいそうな人物なのだが、もし惣介と一緒に暮らしているのだとしたら・・・私も園子のように~園子がいないと生きていけない惣介の「誰よりも美しい妻」に~なってしまうのかもしれない。何となくそれは皮膚感覚のようなもので感じるというか、わかる・・・というか・・・。

 妻の中の自分が消えてしまうことを何よりも恐れる夫と、自分の中の夫が消えてしまうことを何よりも恐れる妻。自分の存在のためには相手の存在が絶対に必要な~失ってしまったら命にかかわるほどのもの・・・そういうもので結びついた二人は確かに・・・幸福なのか不幸なのか・・・。  

 

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ