2017-03-25

星を継ぐもの : ジェイムズ・P・ホーガン

『星を継ぐもの』 ジェイムズ・P・ホーガン

 人類の目の前に現れた巨大な謎を科学的な手法、思考で解明していく理知的なストーリーでありながら、読み終えての全体的な印象は「夢見るような物語」だった。

 月面で発見された宇宙服を身に着けた死体。どの月面基地にも該当者のいない正体不明の死体は「チャーリー」と名付けられ調査が開始されるが、そこから導き出されたのは「チャーリー」の死亡時期が5万年前であるという驚愕の事実だった。

 現人類にそっくりの身体と、現人類より進歩した科学技術を持つ「チャーリー」は何者なのか? その発生、進化の過程は? 彼らが築いたであろう文明の痕跡は? 生物学、物理学、数学、言語学・・・さまざまな分野の専門家、技術者が召集され「チャーリー」をめぐる一大プロジェクトが立ち上がる。

 目の前の解明されていない現象に対して、仮説をたて、データを集め、検証し、矛盾なく現象を説明できる答えを探す科学者たち。空白のパズルにひとつずつピースが配置されていく様を見ていると、あたかも自分も「チャーリー」の存在する世界に踏み込んでしまったかのような、フィクションが現実と地続きになる瞬間がある。

 謎の解明はあくまでも科学的な思考と検証によって進められるが、挿入される「チャーリー」の手記の記述や、プロジェクトのまとめ役である主人公ヴィクター・ハントが幻視するヴィジョン、物語ラストでガラクタとして打ち捨てられる「あるもの」は生々しく私たちの視覚を刺激し、感情をゆさぶる。

 最後のピースが置かれたとき、そこに描かれていたのは人類と遠く時空を隔てた生命とをつなぐ壮大なロマンだった。 
 



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2017-03-12

虎よ、虎よ! : アルフレッド・ベスター

『虎よ、虎よ!』 アルフレッド・ベスター

 遭難した宇宙船の残骸にただ一人残され6か月の漂流生活を生き延びた男は、自分が見棄てられたと知ったとき、恐るべき復讐鬼となって地球に舞い戻る。

 人類がジョウントと呼ばれるテレポーテーション能力を身につけ、内惑星連合と外衛星同盟が抗争をくりひろげる宇宙を舞台に、「不死身かっ?!」といいいたくなるような超人的な力と執念を滾らせた主人公・フォイルが、軍諜報部や大財閥の総帥ら世界を動かす実力者たちを相手に復讐街道を驀進する。

 「いや、もう何か逆に目的見失っていませんか?」とツッコみたくなるほど破綻ギリギリで激情的で破壊の度がすぎるフォイルの行動と、暴走気味に溢れ出すストーリーの熱量に「あぁ、しんど・・・」と思いながら読み進めていたのだが、復讐と破壊のためにバルブ壊れ気味に放出されつづけたエネルギーは、物語終盤において人類を覚醒させ、世界に新たな局面をもたらす爆発的な力へと一気に収束していく。

 物語中盤まで無茶苦茶に暴れまわっていた主人公とストーリーが、気がつくと何だか啓蒙的なラストへとなだれ込んでいたのにはちょっと面喰ったが、何といっても、ただただ、その熱量の物凄さに圧倒される作品だった。


【蛇足】
タイトルの『Tiger! Tiger!』はイギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの詩からとられているが、私の大学卒論の題材がこの「Tiger」を含むブレイクの詩集『Songs of Innocence and Songs of Experience』だった。(まったくやる気のなかった私は、よく卒業させてもらえたもんだと我ながら思うほどの、とんでもなくつまらない卒論を提出したのだが・・・。無事卒業させてもらえたのは、きっと教授もやる気なかったからなんだ。)
この小説を読んで、純粋なエネルギー体としての虎の美しさっていうのを何だか感じて、今さらながらブレイクの詩に湛えられていた燃えるようなエネルギーだとか美しさってのを思ったのだった。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ