2016-12-14

忠臣蔵 もう一つの歴史感覚 : 渡辺保

『忠臣蔵 もう一つの歴史感覚』 渡辺保

「忠臣蔵」はなぜこれほどうけるのか。「忠臣蔵」をつくったのは本当はだれなのか。
 
 歴史的事実と人々の幻想が綯交ぜになって生まれた「忠臣蔵」という物語そのものを狂言回し的な位置に配して、そこに関わった人々の姿、生き様、そこで起こった出来事をたどり、その深層を見つめる。

 武家社会での出来事に「金」と「恋」という市井の感覚を持ち込んで忠臣蔵の基となる芝居を作劇した吾妻三八。歴史上の大石内蔵助を芝居の大星由良之助へとつくりかえ完成させていった宗十郎、菊五郎、九代目團十郎の芸と精神。おかるを演じてその恋を体現し自らも恋に生きた中村松江。竹田出雲ら竹田一族がからくりの技術を通して得た世界観とドラマづくりのシステム。元禄十四年三月十四日、元禄十五年十二月十四日、元禄十六年二月四日、それぞれの日に現実の世界で起きた出来事。

 ひとつひとつが「忠臣蔵」をめぐって息づく小宇宙。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-12-03

有頂天家族 二代目の帰朝 : 森見登美彦

『有頂天家族 二代目の帰朝』 森見登美彦

「我が子が鍋に落ちそうだっていうのに、どうして父上は笑ってるんです?」

「我々は狸だ。笑うべきでないときなどない」

「狸というのは健気なものだね」

 天狗と狸と人間の三つ巴でぐるぐる回る浮世の物語『有頂天家族』第二弾。

 落魄の老天狗・赤玉先生こと如意ヶ嶽薬師坊の二代目が突如欧州から帰国した。かつて三日三晩にわたり天地をどよもす大喧嘩をやってのけた父子の再会に京都の街は緊張を高める。一方、狸界では陰謀渦巻く果てしない覇権争いが続き、人間界では狸を喰らう怪人たちが暗躍する。そんな中、糺の森の下鴨四兄弟にもそれぞれに狸生の岐路がおとずれ・・・。

 考えてみれば、なかなかにハードな暴力と愛憎の物語なのに、舞台を右往左往しているのがふはふはした毛玉たちだというだけで、こんなにものほほんとした気持ちで読めるものか。

 己が身体に流れる阿呆の血をいかんともしがたい狸たちの笑いには、したたかさと無力さ、喜びと哀しみが混然一体となっていて、とても切ない。

『有頂天家族』感想http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-281.html



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ