2016-02-20

父のおすすめ本

『蜩ノ記』 葉室麟

 父のおすすめ本・・・と言っても、はっきりと言葉にして勧められたわけではない。帰省した折に朝の食卓につくと、整えられた朝食の横にただ黙ってこの本が置かれていたというのは、口数の少ない父なりのコミュニケーション ~ 「悪くなかったから読んでみなさい」ということなのだろう。

 豊後・羽根藩。藩主側室との密通の疑いで、十年後の切腹とその間の家譜編纂を命じられ幽閉の身となっている戸田秋谷。切腹の期日が三年後に迫った秋谷のもとに一人の若い武士・檀野庄三郎が遣わされる。城中で刃傷沙汰を起こし切腹となるところを、助命と引き換えに秋谷の監視と身辺探索を命じられた庄三郎であったが・・・。

 秋谷は正しい。逆境にあってもその思い、生き方は強く真っ直ぐで、謂れのない死を前にしてもまったくぶれることなく自分に恥じることのない生き様を貫いた秋谷の姿は凛として清々しい。

 どんな困難の中にあっても折れることのない秋谷の正しさ、清廉な生き様は、周囲の人々の行く末と日々の暮らしを照らす光となるのだろう。しかし一方で、一歩も引くことのない秋谷の正しさに追い詰められた人々がいたこと、その苦く、辛い心情を思うと、「正しい」ことはそんなに美しく、素晴らしいことだろうか・・・と遣る瀬無い気持ちにもなる。

 秋谷の命の期限が切られていることで、「どう生きるのか」という問題がクローズアップされた小説だったが、私たちも皆、「いつか死ぬ」という意味では命の期限が切られているのだよな・・・なんてことも思わされるのだった。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2016-02-06

母のおすすめ本

 「わりとおもしろかった」と言って、母が貸してくれた本。

『幕末 維新の暗号 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか』 加治将一

 読み始めて数ページ・・・わざとなのか何なのか、ハナからやけに挑発的というか喧嘩腰な調子に鼻白む。作中で探偵役をつとめる歴史小説家・望月とその賛同者以外は皆とるにたらない愚か者か、性格の悪い嫌なヤツと決めてかかったような語り口に嫌気がさし、何度か「読まなくてもいいんじゃない?」と思ったのだけど、面白いからと貸してくれた本を読まずに返すのも悪いかと思い頑張った。

 坂本龍馬、勝海舟、西郷隆盛、小松帯刀、大久保利通、桂小五郎、高杉晋作、岩倉具視、伊藤博文・・・錚々たるメンバーが一堂に会しおさまっているという一枚の写真に秘められた謎、隠された真実を歴史小説家・望月が暴く!。

 ・・・いわば、『信じるか信じないかはあなた次第』という話なんだと思うけど、信じるも信じないも、写真に写っている人物の真贋については結局、似ている、似ていないの印象論の域を出ていないし、証拠や根拠として提示されるものには予めある結論を想定した上でのバイアスが強くかかりすぎていて、「それを証拠だといわれてもなぁ・・・」っていう。

 真実味溢れる歴史ミステリーとして読むには、そうと思わせる根拠や論理の積み重ね、舞台装置の作りこみが粗い。荒唐無稽な歴史エンターテイメントとして読むには愛嬌が足りない。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ