2015-12-14

その日の吉良上野介 : 池宮彰一郎

『その日の吉良上野介』 池宮彰一郎

 元禄十五年十二月十四日、赤穂浪士の吉良邸討入り。「その日」をめぐる忠臣蔵異聞五篇。

 主君の切腹、藩の廃絶という凶事に見舞われ、吉良、上杉に猛然と襲いかかった内蔵助がもはや問うことのなかった内匠頭刃傷の理由。理不尽な暴力にさらされながら上野介が自問するその理由。別れの茶会のための道具を吟味しながら、ふと脳裡をよぎる、あの日、浅野内匠頭が差し出した逸品・交趾の大亀。勅使饗応の忙しさに紛れて、解かれることのなかった誤解。微かすぎて正すまでもなく放置された行き違い。・・・「その日の吉良上野介」

 昨年読んだ『四十七人の刺客』を含めての感想だけど・・・大石内蔵助があまりに冷徹、非情。己の大望のために他人の命まで使い捨てにしようとしている自分を、作中で内蔵助自身「悪人だ」と自嘲している風でもあるが、自己中心的といおうか、理不尽といおうか・・・それでいて、まぎれもない大物、そして同時にただの一人の男、凡夫なんである。

 「なんか嫌だ、この内蔵助。なんか怖い、この四十七士。」と思いながらも、どっかかすかに魅せられている部分がある。吉良、上杉を追い詰めるべく大石内蔵助が打つ巧緻で非情な策にも似た、作者の厳しい筆致にじわじわと退路を断たれ、息をつめて読んでいる。

『四十七人の刺客』感想・・・http://neconohitai.blog71.fc2.com/blog-entry-701.html

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2015-12-12

ラスト・ナイツ

『ラスト・ナイツ』 監督:紀里谷和明
 
 「忠臣蔵」を題材にした映画というからかなり楽しみにして観にいったんだけども、なんとも大味・・・というか「粗筋だけ」の映画だった。

 「不義と不正を憎み、腐敗した帝国の慣習を受け入れることを拒んだために残酷な刑を受け命をおとした誇り高き領主。主亡きあと、彼に仕えた騎士たちは市井に身を潜め苦難に耐えつつ、自らの誇りと名誉そして騎士の掟にかけて強大な権力に挑み報復を果たす。」っていう、本っ当にそれだけのお話し。登場人物も類型的で新味がなく、キャラクターの深い掘り下げがされるわけでもなく、サイドストーリー的なふくらみがあるわけでもなく・・・。

 そして何より世界観が粗い。『GOEMON』の時にも感じたことなんだけど、カメラに写っている部分しか世界がつくられていない感じ。本編を見る限り物語を覆う世界の全体像が感じられない、迫ってこない。


 ・・・まあ、2時間弱の上映時間ではストーリーはかなりシンプルなものであろうことは、実は予想していたというか、それはそれで良いと思っていたのだ。その分、映像の美しさでこの物語の美意識を表現し、気持ちを高揚させてくれることを期待していたのだけど・・・。特に騎士たちのアクションや所作はもっと様式美的に美しいものであってほしかったな。

FC2 Blog Ranking

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ