2015-06-20

MM9 : 山本弘

『MM9』 山本弘

 今、わたしたちが暮らしているのと変わりない、ただし、海から、山から、空から、地中から、「怪獣」が出現する世界。「怪獣」が人間社会にもたらす被害は地震や台風などの自然災害と同列に扱われ、有数の「怪獣大国」である日本においては、「気象庁特異生物対策部」略して「気特対」がその対策にあたっている。

 人智を超えた怪しいものが人間世界に侵入し人々をパニックに陥れる「怪獣小説」としても、「気特対」職員たちの日々の活動と奮闘ぶりを描いた「お仕事小説」としても、「怪獣」という存在をいかに説明づけるかという「SF小説」としても面白い。すべて目の前のスクリーンで見ているような気がしてわくわくする。

 そして・・・やはり私は作者の小説を読むと何だかノスタルジックな気分になるらしく・・・、作中のある人物が語るとおりのことが起こるとすれば、これは「いずれ失われる過去」の(いや、もしかしたら「あらかじめ失われた過去」の)物語であるかもしれず、だとすると、ラストで交わされる「気特対」若手メンバー二人の会話はとても洒落たエンディングだなと思うと同時に、何かひどく切なく感じられるのだ。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2015-06-06

マンガと音楽の甘い関係 : 高野麻衣

『マンガと音楽の甘い関係』 高野麻衣

 楽しく読めるごく軽めの読み物のつもりで手に取ったのに、読み始めて数ページでけっこうキツイ敗北感を味わうことになった。

 それは「序章」で語られる『きのう何食べた?』がらみのエピソード。6巻で「冴羽獠ファン」であることを告白する興奮気味のケンジを眺めながら、著者はそれを以前から「知っていたよ」という。なぜなら3巻で流れるシロさんからの着信音が『Get Wild』だったから。

 ・・・確かに私もあのコマを見ながら「ケンちゃんはシロさんからの着信音を『Get Wild』に設定してるんだな」と思った。『Get Wild』がアニメ『CITY HUNTER』の主題歌だということも知っていた。でも、そこから「冴羽獠ファン」というケンちゃんのバックグラウンドに思い至るほどの読み込みはしていなかった。

 こんな調子で、マンガの読み手や音楽の聴き手としてのリテラシーの差を思い知らされる場面がいくつかある。『銀魂』の銀さんが「音楽を聴かない」人であることの意味とか、『のだめカンタービレ』~ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」の演奏シーンで「千秋のモノローグ」は曲のどの部分で発せられたのか、とか・・・。私は『銀魂』も『のだめ』も読んだことないのだけど、たとえ読んでいたとしても、マンガの中で鳴る「音楽」をどれだけキャッチし、マンガに描かれた「音楽」からどれだけの「物語」を感受することができただろう?

 「少女マンガ」によってかきたてられるときめき、あこがれ、知識欲・・・そういったことが繰り返し本書の中で語られているのを目にすると、あらためて私って「少女マンガ」という<教養>を身につけてこなかったんだなぁと思う。

 著者が言うとおり「美しいものから愛される自分でいたい。なにより美しく生きたい---」そういう気持ちを私もマンガから学んだ。でも、私がその多くを学んだのは「少年マンガ(主にジャンプ)」からであり、憧れは「美しく」というより「正しく、強く」というところに向かったんだよなぁ・・・。やはりそこで養われる感性は、「少女マンガ」で育まれるものとは違う・・・よなぁ、多分。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ