2014-09-27

歌舞伎のぐるりノート : 中野翠

『歌舞伎のぐるりノート』 中野翠

 あれはやっぱり『伴奴』・・・だったのかなぁ。学生の頃、歌舞伎座でまだ小さかった勘太郎さん(現勘九郎)が踊るのを観た。三階席からなので舞台はちょっと遠かったけど、小さい勘太郎さんはすでに一人前の役者の自覚を見せて、しっかりと自分の踊りを踊っていて、「この子は近い将来お父さんを超える役者になるのだろうなぁ」とごく自然に思わされた。当時のチケットや筋書は手元に残っていないし、あれが何の踊りだったのか思い出せなくなっていたのだけど、ページに添えられた「幼い日の勘太郎の『伴奴』」のイラストを見て、「あ! この感じは!」と記憶が蘇った。

 著者が見て、感じてきた歌舞伎とその周辺をめぐるコラム集。さらりと書かれたシンプルだけと達者なイラストが効果的に文章を彩り著者の感興を伝えてくれる。

 『歌舞伎的なもの』に『血が騒ぐ』著者の感覚には共感するところが多かった。特に、歌舞伎が味わせてくれる「ある一瞬」について。

 歌舞伎は最初から最後までず~っと面白くわかりやすいもの・・・というわけではないと思う。ただ、歌舞伎を観ていると時々、その「一瞬」に薙ぎ払われることがあるのだ。それはもう『なにか凄いものを見た』としか言えない一瞬。理屈だとか、人間の理解の速度をはるかにこえた凄まじい情報量が身体を雷のように貫く。著者の言う通り『それは一瞬であっても、何ものにも替えがたい貴重な一瞬』で、その稀にやってくる「一瞬」に撃たれたいがために『おうおうにして退屈』な歌舞伎を観つづけずにはいられないのだ。

 それにしても著者が「歌舞伎的なもの」の化身のように思い、何度も語っておられる六代目歌右衛門さんの舞台を観ていない・・・というのは取り返しのつかないことだ。観ようと思いさえすれば多分不可能ではなかったのに。私のバカバカバカバカ。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-09-20

輝く日の宮 : 丸谷才一

『輝く日の宮』 丸谷才一

 先日読んだ宇月原晴明の『かがやく月の宮』のラストには、輝く月の姫君の物語に魅せられた一人の女性が、光り輝く貴公子の物語を書き始める場面が描かれた。で、こちらのタイトル『輝く日の宮』とは、『源氏物語』に存在したかもしれない幻の巻の名前。

 果たして、 『源氏物語』に幻の巻「輝く日の宮」は存在したのか?

 かなりな長編をけっこう夢中で読んだけれど・・・ 面白かったんだろうか? 私はこれを楽しんで読んだんだろうか? ん~? 曖昧である。たまたま、年明けから夏にかけて『源氏物語』を読んだところだったので、国文学者である主人公・安佐子が語り、考察する『源氏物語』成立に関するあれこれは刺激的だったし、『源氏』の読み方を教えられた部分もある。でも、もしこの夏、『源氏』を読んでいなかったらどうだったろう?

 主人公が国文学者ということで、『源氏物語』以外にも松尾芭蕉、為永春水、泉鏡花らの文学に関する知見、考察、感想、感慨が多く記されている。特に前半は『奥の細道』において、「芭蕉はなぜ東北に行ったのか」ということに費やされている。

 そういう文学的なあれこれに、安佐子の私生活~一人で過ごす時間や、女友達との交流、家族との会話、学会でのバトル、男たちとの色事がからんでくるのだけど・・・ この安佐子という女性にほとんど関心が持てなかったことが、読後感を曖昧にしているんだろうなぁ。

 安佐子が少女の頃に書いた短編小説(サスペンスのような、幻想小説のような)にからむ出来事が、折々に安佐子の現実の中に顔を出すのにも、何か作者の意図があるのだろうけれど、その意図も私には推しはかれなかったんだよなぁ~。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-09-13

竹取物語 : 文・江國香織 画・立原位貫

『竹取物語』 文・江國香織 画・立原位貫

 先日、宇月原晴明氏による伝奇的な『竹取物語』、『かがやく月の宮』を読んでいて、改めて本来の『竹取物語』を読みたいと思ったのです。『竹取物語』を読むのにこの本を選んだのは、江國香織さんが、かぐや姫という女性をどのように書くのかということに少し興味があったからなのだけど、あまり余計な色付けはされていませんでした。

 学校の授業を離れて、「物語」として読んでみて印象に残るのは、あくまで「異界の生き物」であるかぐや姫の姿。五人の求婚者たちにはもとより、長年慈しみ養ってくれた竹取の翁とさえ、何ら心に通じ合うものがなさそうな。人と同じ姿はしていても、完全にこの世の理屈とか情といったものの外に在る生き物。

 そんな姫が帝と心を通わすようになったのは何故なんだろうなぁ? 帝、よほど美男でいらしたのだろうか。それとも、深い深い想いにほだされて? う~ん、やっぱり「帝だから」?

 ようやく人の世のあわれをも解するようになる姫であるが・・・
  

 ふと天の羽衣うちきせたてまつれば、
 翁を「いとほし、かなし」と思しつることも失せぬ。

 天人はかぐや姫に、すばやく羽衣を着せ掛けます。
 それで、姫のなかにあった翁への感謝も同情も
 消えてしまいました。


 再び、心の通じぬ異界のものとなって去っていくかぐや姫。

 この世の人々の心をあれだけ掻き乱した美しいものが、この世と通じ合うものを持たない全く異なる世界の生きものだという冷厳な事実。そう思うと、立原位貫氏の版画も雅やかなだけではなく、あやしくざわめいて見える。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2014-09-06

かがやく月の宮 : 宇月原晴明

『かがやく月の宮』 宇月原晴明

 『かがやく月の宮』・・・世に伝わる物語の租『竹取物語』とはあまりに異なる、それゆえに秘められてきた奇怪なかぐや姫の物語。

 大陸の西の果てから東の果ての本朝まで、各地で語られ様々に変容した日輪と月の神の神話。政治の嵐に翻弄された皇子や皇女の悲劇。華やかな宮廷文化。月に憑かれた西域の王の奇譚。不老不死の薬を練る仙術を記した書・・・様々な物語の糸を織り込みながらに描かれていく眩惑的な絵巻。誰もが知るあのかぐや姫の物語に寄添うかとおもえば、つと離れ、おとぎ話のように親しんできた物語がいつしか見たこともないものに姿を変える。

 宇月原氏の小説としては長いものではないけれど、作中にとにかく沢山の物語の欠片が埋め込まれているように思える。作中に登場した『黄漠奇聞 月神殿縁起』なる書物は稲垣足穂『黄漠奇聞』の本歌取りであることが作者自身によって記されているが、その他にもイメージやモチーフの結びつきによって多くの物語が想起される。

 すぐに熱を発し太刀や弓も持てぬほど柔弱で内省的な帝の姿は、梨木香歩の『丹生都比売』に描かれた草壁皇子のひっそりとした物語につながり、日輪の神と月の神~美しい姉宮を恋い慕う弟宮のモチーフは、山岸凉子の『月読』と重なったが、それは私の記憶や心持ちが『かがやく月の宮』という鏡に映りこんだものなのだろう。

 煌めく糸で織りあげられた錦のような、このかぐや姫の怪しの物語は、その文目に読む人ごとに様々な、沢山の物語を浮かび上がらせるのかもしれない。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ