FC2ブログ
2014-05-10

荒木飛呂彦論―マンガ・アート入門 : 加藤幹郎

『荒木飛呂彦論 マンガ・アート入門』 加藤幹郎

 『ジョジョ』の読者ならば多分みんな直観的に解っていることを、あえてことさらに解りにくい言い回しで語った本。

 多くの『ジョジョ』ファンがいちいち言語化していないことを、評論という形で言葉にしたということには意味があるかもしれない。だが、内容云々以前に、言わずもがなな修飾、形容詞の数々や、カッコ書きでの補足の多用、意図不明なひらがな表記の使用など、表記や文体の問題で非常に読みづらい。

 この読みにくい評論に書かれていることの中から私が読解できたのは、

 ・荒木飛呂彦の長編漫画『ジョジョの奇妙な冒険』は、
  パート毎に様々な変奏を奏でながら、ドラマ的にも、
  視覚的表現の上でも、例えば「波紋」などの共通
  する主題に貫かれている。
 ・『ジョジョ』に描かれるドラマは単純な二項対立を
  超えた、複雑で重層的なものである。
 ・ドラマの内容とも連関したコマ割り、人体の表現が、
  漫画史において革新的である。
  そして、その漫画表現は絵画、映画など他の芸術の
  潮流を踏まえたものである。
 ・だから、荒木飛呂彦は素晴らしい。

 という、荒木飛呂彦ファンなら皆解ってるであろうことだけだった。それにしたって、作品の解釈、論の展開は恣意的で、ただこれだけのことを語るための根拠や例証の提示さえ十分であるとは思えない。

 もしも、この評論を入試の読解問題に採用する学校があったら、私はその学校落ちるな・・・。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ