2013-11-30

梟の系譜 宇喜多四代 : 上田秀人

『梟の系譜 宇喜多四代』 上田秀人

 岡山城ってこれまであんまり気にかけたことがなかったのだけど、昨夏、青春18きっぷの旅で訪れた折、天守閣内の展示パネルの一つに城主にまつわる黒い噂が記されているのを見て、この城の主となった宇喜多直家にむくむくと興味がわいたのだ。


 主君・浦上宗景と同輩・島村豊後守の謀略により非業の死を遂げた猛将・宇喜多能家。武将としての才に恵まれなかったために、むざむざと父・能家を死なせねばならなかった興家。宇喜多家再興…祖父・能家と父・興家の怨念を背負い、城を落ちのび浪々の身となった幼き八郎~後の直家。

 岡山城の展示パネルに多少遠慮がちに記されていた直家にまつわる黒い噂。その噂どおりの毒々しい悪人ぶりを期待したのだが、商家の庇護のもとで金や物資の流れと世の中の動きを肌身で学びながら成長した直家は、物事の趨勢を見るに敏な知的な武将として描かれる。その日の食べ物にも事欠く父子二人での流浪の身から、備前だけでなく備中、美作の一部を支配するまでになったその道筋には、数々の暗殺や謀略が用いられているが、それは力と数に劣る者が生き延びるために考え抜かれた道理にかなった策であり、直家は共に辛酸を嘗めた家中の者たちを何よりも大切に思う「いい人」である。

 直家がなんだか「いい人」であるせいで、病に侵された自らの死さえも戦略として使いながら、織田に与し、毛利と対峙することに賭けた直家の、

 『小早川の信用と、宇喜多の悪名、勝つのはこちらだ。乱世ぞ。人を信じては生きていけぬ』


 という、格好いいはずの「悪党の台詞」が多少迫力に欠けるのである。直家その人よりもむしろ、直家に過酷な宿命を背負わせた能家、興家の怨念の方が怖ろしく思えた。

 直家の後を継ぎ、豊臣家の五大老になった秀家については、終章でわずかに触れられるのみ。しかも、ちょっと酷い言われようである。作者は秀家が嫌いなんですか?




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-11-23

少女が知ってはいけないこと : 片木智年

『少女が知ってはいけないこと』 片木智年

 蛇の言葉に誘われて禁じられた知恵の実を口にしたエヴァ。禁じられた壺を開き、人類に災厄をもたらしたパンドラ。神話に語られる「始原の女性」たちが犯した「罪」によって、人は人として生きるという宿命を課せられた。

 少女の禁じられた好奇心が満たされたとき、人は何を得て、何を失ったのか。知ることを禁じられていたものの正体とは何なのか。また、エヴァをそそのかした蛇とは何者なのか。

 エデン神話、愛の神エロスと夫の姿を盗み見たことで苦難に落とされた少女の神話「エロスとプシュケ」の物語の系譜に連なるおとぎ話や文芸をひもときながら、「楽園を追われた」人々のその後、「知ってしまった」人類の心の中で繰り返される「人類としての自立」と「自然への回帰」の葛藤を読みだしていく。


 ・・・自ら語り出した問いの中でもやもやしつづけている著者に巻き込まれて、すごくモヤモヤする。そもそも「知る」ことを禁じたのは誰なのか? 「知ること」が「罪」であり、「知ること」によって「呪われた」と思ったのは誰だったのか?・・・とかね。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-11-16

江戸の敵をなぜ長崎で討つのか―江戸人107の謎 : 北嶋廣敏

『江戸の敵をなぜ長崎で討つのか―江戸人107の謎』 北嶋廣敏 

 もう、ずいぶん前のことになるが、東京で一人暮らしをしていた頃、西武池袋線東長崎駅近くにある友人の下宿部屋にしょっちゅう入り浸っていた。ある日、その友人が真顔で私に言った。「『江戸の敵を長崎で討つ』の『長崎』ってここのことだよ。」

 “え、いや、その『長崎』って、出島のある、あの『長崎』のこと・・・だよね” “え? でも何? その真顔。もしかしてマジ?” “そうか、江戸時代なら東長崎のあたりだって江戸のかなり外れになるのか? 江戸からどっかの街道に出て逃げようとしてるあたりを捕まえて敵を?” ・・・激しく混乱した。何のことはない、かつがれたのである。


 本書によると、もとは『江戸の敵を長崎が討つ』と言ったのだそうだ。文政二年、見世物興行の人気を競って、江戸の職人は上方に負け、江戸を負かした上方の人気を、長崎からやってきた見世物の人気が凌駕したことから生まれた言葉だとか。

 江戸の言葉、江戸の町、江戸の職業、江戸の暮らしにまつわる107の江戸雑学を、江戸川柳に詠まれる楽しい江戸の光景なども紹介しながら、1ネタ見開き2ページ程でテンポよく読ませる。読みながら、「てやんでぃ べらぼぅめぇ」とか言っちゃう。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-11-09

銀河鉄道の夜 : 宮沢賢治

『銀河鉄道の夜』 宮沢賢治

 中高生時代にやり残した宿題の一つ。太宰治の『人間失格』と同じく、夏の文庫フェアの時期になると無性に読みたくなって購入するものの、ひと夏読まずじまいで古本屋に売ってしまうということを何度も繰り返した一冊。

 新潮文庫版。群青色の星空にひかれた線路の上を列車が走る、学生の頃に馴染んだ表紙のものをブックオフで買った。

 
 小さく、素朴なものたちが、幸いを願って生きている世界。あまりにも小さく健気なその生命たちが思う幸いは、この世で何かの満足を得ることではなく、遠く遥かな星の中に瞬いて・・・

 「セロ弾きのゴーシュ」に、突然涙があふれてしまったのには、自分でもびっくりした。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2013-11-02

想像ラジオ : いとうせいこう

『想像ラジオ』 いとうせいこう

 街を見下ろす高い杉の木のてっぺんあたりに仰向けにひっかかった男の軽妙なおしゃべりが、想像力の中だけでオンエアされる「想像ラジオ」。

 「『想像ラジオ』を受信する」「『想像ラジオ』にリスナーとして参加する」というのは、どこかで、誰かに起きた出来事の(何らかの形での)当事者になる・・・ということだろうか、と思った。それは、3月11日の震災の時に、「このことについて何か考えるためには、私も何らかの形で当事者にならないといけないのではないか」と思ったことがあったからなのだが・・・。

 だから、あの時起こったこと、そして今も続いていることについて考えることを忘れるままにしている自分を思い出さされ、責められているような気持ちにも、勝手になってしまったのだ。しかし・・・

 この小説の語るところは、「どこか遠くに満ちている悲しみ」から、大切な、愛する人を、かけがえのないものを失う、どうしようもない「私の悲しみ」へと収斂していく。「誰かの悲しみ」に共鳴するのではなく、誰にでも起こり得る、想像し得る、「私のもの」であるその悲しみを通じてつながるという可能性について・・・




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ