2012-09-29

密やかな教育―“やおい・ボーイズラブ”前史 : 石田美紀

『密やかな教育―“やおい・ボーイズラブ”前史』 石田美紀

 現在、書店の中でも大きなコーナーを与えられている「BL」ジャンル。本書はタイトルの通り「やおい」「BL」という言葉の発生以前~その源流にある「少年愛の物語」が、少女マンガや小説の世界で、女性たちの手によっていかに生み出され、育まれていったかを、探り、語るものである。少女マンガにおいては竹宮惠子氏の、小説においては栗本薫氏の創作活動を主に追いながら考察が進められている。

 『車輪の下』『知と愛』『デミアン』など、ヘルマン・ヘッセの小説から抽出された「繊細で美しい少年身体」と「性愛化」。視覚イメージに溢れたヘッセの内面描写と少女マンガの表現との相性の良さ。稲垣足穂による少年愛の美の体系において用いられた視点(主体)を我がものとすること。「60年代アングラ文化」の中で男性によって描かれた男性身体と、70年代に女性が描き始めた男性身体との接点と、両者の間の差異。・・・等々、少女マンガで「少年愛の物語」を描く手法がどのように構築されていったのかについて、ヘッセ、足穂の作品をどう読むかという文学者の言葉も交えつつ、じっくりと述べられている。

 一方で、竹宮惠子、萩尾望都ら、人間の内面を描き、文学に並ぶ深みを求めた少女マンガの描き手たちが題材として選んだのがなぜ「少年愛」だったのかということについては、彼女たちを、足穂や、ヘッセ、ヴィスコンティの「美」にひきあわせた人物・増山法恵氏(竹宮惠子『変奏曲』の原作者であり、長らく竹宮氏のプロデューサーでもあった)の存在くらいしかその理由が見つけられなくて、なんともモヤモヤする。

 そのあたりを補うように、社会学者・上野千鶴子による『少年同志の恋愛物語は、少女読者に「ジェンダーの障壁の手前で、絶対安全圏に身を置いていられる」快楽を与えるのだ』という指摘や、男の人をかく方が「思考的にすごく遊べる」という萩尾氏の言葉が挙げられているが、それでは全然このモヤモヤは解消されな~い!

 少女マンガと「少年愛」の出会いは必然ではなく、増山法恵氏の存在によってもたらされた偶然とも考えられるのか・・・? 少女マンガの描く「少年愛の物語」がその後、様々に幅広く受容されたことを思えば、そこには偶然以上の意味があったのだとは思うけれど・・・。


 さて、70年代に「女性たちが紡いだ男性同士の性愛物語」には「耽美」という名が与えられ、雑誌『JUNE』が登場する。

 『JUNE』! 校内でマンガや雑誌を読むことが禁止され、「マンガの類を学校に持ってくる場合は中身の見えない不透明な袋に入れきっちり封をすること(校内での開封禁止)」という奇妙な校則のあった我が校の教室にも『JUNE』はこっそり持ち込まれた。竹宮惠子や栗本薫を読み、語るクラスメイトたちもいたけれど、私は当時その世界にハマることなく、むしろ純粋に少年マンガとしての『ジャンプ』に夢中であった(後に多少事情が変わってくるのだけど)。

 私がそっちの世界にハマるのはもうちょっと後・・・「翼」「星矢」の二次創作同人誌やアンソロジー次々と作られ、「耽美」よりも随分日常的になった「男性同士の恋愛・性愛物語」を出版する専門レーベルがボツボツと立ち上がり始めた頃のことだ。二次創作が原作の「受容」の一形態であるように、’80年代以降に色々なヴァリエーションでもって描かれ・書かれた「やおい」「BL」作品というのも「表現」であると同時に、’70年代に生まれた「少年愛の物語」の「受容」の姿という一面を持っていたのかもしれないなぁ。私が読み耽ったのは主にそういう作品だったんじゃないか・・・。

 だとしたら・・・“なぜ私はBLを読み耽ったのか”という私の問題は、「少年愛の物語」が「いかにして生まれたか」ではなく、「どのように読まれたか」ということの中にあるんだ、きっと。(だから私は、竹宮惠子氏や萩尾望都氏が少年や少年愛を通して何を描こうとしたかよりむしろ、自分の読みたいマンガを描いて欲しくて彼女らにヘッセを紹介したという増山法恵氏が『デミアン』に感じていた「モヤモヤ」が何だったのかということに興味がある。)

 でも、「女性がつくり楽しむ男性同士の性愛物語」の誕生と成長を語ったこの論考は、私の問題を解決はしてくれないで、何かを表現したいと欲し、何ができるだろうかと模索した女性たちの、それ自体が美しい物語として閉じるのである。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-09-22

takeru―SUSANOH~魔性の剣(劇団☆新感線)より― : 中島かずき・唐々煙

『Takeru -SUSANOH~魔性の剣より-』 原作・中島かずき 画・唐々煙

 『神と人とがまだ袂を分かっていない時代』

 伝説の神の剣を求め、大陸から極東の列島「大八州」に渡ってきたイズモノタケル。強国・天帝国が武力で大八州の各国を制圧し勢力を拡大する中、怪力の正義漢・クマソノタケル、天帝国に敵対する謎の男・オグナノタケルと共に、伝説の剣が眠る国~天帝国に唯一抵抗を続ける蛇殻国を目指す。

 明るく冒険好きな知恵者・イズモノタケル(金髪ちょいタレ目)、単純で豪快なクマソノタケル(色黒タレ目)、寡黙で俊敏な戦士・オグナノタケル(黒髪小柄)。勇猛で美しい蛇殻国の女戦士と、それぞれにハードな運命を背負う王家の三姉妹。天帝国の軍を率いる四道将軍~西面のキビツ(Mハゲメガネ)、東面のカワワケ(若造メガネ)、南面のタンバ(毒艶女)、北面のオオヒコ(ザ・武人)。魅力的なキャラクターたちがスピーディーにスリリングに立ち廻る! 神の剣をめぐる謎とともに展開する、興奮度高くて、クワッと気持ちのいい活劇。

 原作となっている劇団☆新感線の舞台「SUSANOH~魔性の剣」を見たことはないのだけど、画面から充分に舞台のイキとノリが感じられる。コレ読むと、「舞台を見たい!」と強烈に思ってしまう。


 

 

FC2 Blog Ranking

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

2012-09-15

「少年ジャンプ」資本主義 : 三ツ谷誠

『「少年ジャンプ」資本主義』 三ツ谷誠

 中学から大学卒業の頃まで、どっぷり「ジャンプ」にハマったなぁ。『リングにかけろ』以降の車田マンガ、『北斗の拳』『ジョジョ』、あと『ウィングマン』に『キャプテン翼』も。ムチャクチャすぎる展開にあきれたり、腐的な読みをしたりしたことも無くはないが、それでも純粋に(特に中学生の頃は)マンガの主人公たちみたいに強く、誇り高く、カッコ良くありたいって燃えたよなぁ。

 『私が夢中になって読んだ『少年ジャンプ』って何? または、『ジャンプ』に夢中だった(今もちょっと夢中な)私って何?』

 1~2年ほどの周期で繰り返し頭をもたげる、未だ解決されないこの疑問。今年もまたモヤモヤと私の中に充満してきた。


 中世以来日本の社会を支えていた地域毎の静的で小さな共同体が崩壊し、ばらばらの個人となった人々が労働力として都会に流入していく ~ 日本における近代化の始まりを高度経済成長期におき、高度経済成長のただ中1968年の創刊以来『少年ジャンプ』に描かれてきたことと、読者である青少年たちが過ごしてきた時代を、「資本主義」を軸に論じた「ジャンプ論」。「資本主義」の成熟、拡大とともに変化する、『ジャンプ』に描かれる「努力」「勝利」そして「友情」のかたちを、『男一匹ガキ大将』『アストロ球団』『北斗の拳』『ドラゴンボール』『ONE PIECE』など、各時代の人気漫画で検証する。

 「神龍=株式会社」説(ドラゴンボールを集めた人間の望みを叶える神龍は、株式を多く握ったものの意志で活動する株式会社に類似しているという考え)には、“なるほど~”と思ったし(作者の鳥山明氏はそんなことは意図していなかったんじゃないかって気はするけど)、ひきこもり主婦として私がかなり社会に無頓着に過ごしてきた2000年代にグローバリズムがどんなとこまで行っちゃってるのかってことは、この本を読んで初めて意識したと言ってもよく、ちっとも近代化できていない自分自身にゾッとしたりして、そういう意味では為になった。

 でもね、ジャンプマンガ論として読むと、ちょっとしょぼくれた気持ちになってしまうのだ。私が憧れて、夢中になったジャンプマンガやその主人公たちの活躍も、結局は時代や社会という釈迦の掌の上・・・って見せられてるようで。ジャンプマンガを心の友としてそれぞれの時代を過ごした私たちはもちろんとしても、夢であり、憧れであったマンガの世界もまた、現実から生まれたその一部であったかと。

 そりゃあ、夢や理想といった美しいものを描き、壮大な神話的世界を物語るマンガだって、現実にガッチリ組み込まれたものではあるんだろう。そうやって現実の中で読者に寄添ってくれるものだからこそ意味があるとも言えるのかもしれない。 

 でも・・・ かつてそれらのマンガに夢中になった(今でも愛読している)大人が、無邪気にそれを指摘しちゃうのは・・・野暮・・・なんじゃないかなぁ。どうせそれ言っちゃうなら、むしろ悪意をもって・・・という方が誠実なんじゃないかという気がするのだけど。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-09-08

難解な絵本 : いとうせいこう

『難解な絵本』 いとうせいこう

 微笑ましいイラストの下に、私小説風、明治の文豪風、論文、宣言文、手紙文、インタビュー記事、スピーチ、雑誌のコラム、警句、前衛詩、独白・・・様々な文体で書かれた文章が並ぶ。どの文章もそれぞれのフォーマットに従って端正に整っていて、文意は明瞭。リズムよく、歯切れよく、言葉のチョイスに知性とユーモアを感じる、このような整った文章を読むのは気持ちがいい。

 これらの文章を書いたのは0歳から12、3歳くらいまでの子供たちである。子供コドモした無邪気で、他愛のない出来事、プリミティブな事柄が、ことさら技巧的な文章で書かれていることが、“ぷっ”と吹き出してしまうような可笑しみを誘うのだが、同時にそのことが、子供の見ている現実が大人のそれとはまったく異質のものであることを浮き彫りにする。子供の現実の中から発せられたこの理路整然とした文章は、大人の現実の中で見れば、「キャーッ」という金切声や、「う○こ」などの単語の連発や、黙々と砂場を掘る行為や、途方に暮れた眼差しだったりするのかも知れない。子供が見ている現実がどんなものかと考えてみるのは、ちょっとした恐怖でもある。

 とは言いながら、もちろんこれは全部、いとうせいこう氏が書いたものである。子供にとってはみんな知ったこっちゃないかもしれない。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2012-09-01

恋づかれ : 中島らも

「恋づかれ」 中島らも(『恋は底ぢから』

 リサイクルショップに行く。

 進物のタオルなどを処分して手にしたのが400円。隣接するブックコーナーで400円分だけ買物しようと、100均の棚をうろうろ。アーティスト本の類に挟まれて中島らもさんの『恋は底ぢから』の単行本があるのを見つけたので購入。

 この本、以前文庫で持ってたんだけど、単行本がこんなきれいな表紙だったとは知らなかった。朝顔が一面に描かれている。100円で手に入れて得した気分。

 この本には、あのとても美しい恋愛エッセイが収められていたはず… と、帰るなりページをめくる。

「恋づかれ」という一篇。

「結婚してからいくつも恋をした。」


 チャイムを鳴らすでもなくいきなりドアの外に立っているアパートの管理人や、NHKの集金の人のように恋は突然やってくる。

「そうやって恋におちるたびに、僕はいつもボロボロになってしまう。」


 「恋」がらみのものはあまり読まないのだけど、これは私が一番好きな、恋についての言葉。



FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ