FC2ブログ
2011-12-17

木暮荘物語 : 三浦しをん

『木暮荘物語』 三浦しをん

 いつか読んだマンガのキャラクターの台詞をなぞるようで、ちょっと苦笑いなんだけども・・・「気持ち」っていうのは、ただ一人でいる自分の中にあるものじゃなくて、“自分”と“誰か”の“間”に生まれるものなんだなぁと思わせる連作短篇。

 木造ボロアパート木暮荘に暮らす住人たちの日常とちょっとした事件。身につまされたのは、木暮荘の大家・木暮老人のお話。真面目に働き、結婚し、家族を作り、穏やかに暮らし、穏やかであったからこそ、心から誰かを、何かを激しく求めることもなく過ごしてきた木暮老人。何も悪いことはしていないはずの木暮老人が味わう悲憤。

 これがツケなのかもしれない。

 悪いことはひとつもしていない。だが、だれかに自分の心を伝える必要を感じたことも一度もない。その怠慢のツケが ~略~ 襲いかかってきたのだ~


 これは怖い。身に覚えがありすぎて怖い。私にも、木暮老人のように孤独と怒りと悲しみを味わわなくてはいけない日がいつか来る。このままでは、絶対、来る。誰かを求めることをしない・自分の心を誰かに伝える必要を感じない ~ これってやっぱり怠慢なんだろうか? そうじゃなかろうかと薄々思ってはいたんだけど・・・。


 “自分”と“誰か”の間に生まれた気持ちは、どこかにきちんとおさまるべき場所があるとは限らず・・・相手には渡し損ね、自分でも消化できず、宙に浮いているけど手放すこともできない気持ち。そんな上手くおさまるところの見つからない「気持ち」の小袋を身体のあちこちにたくさんぶら下げて生きていくのを、実りある人生というのかもな・・・と思ったり・・・。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ