2010-07-31

まんがの構造―商品・テキスト・現象 : 大塚英志

 発行は1987年。「商品」として生み出される「まんが」が「読者」の欲望に応えながら「現実」を模倣し、拡大していく中で、「読者」の中からはコピー元である「現実」(もしくは「現実」と「まんが」を繋ぐ回路)が失われつつあるということを感じた著者が語り始めた“「まんが」について”。

 「まんが」の製作、流通の現場、また書き手と読者の間で起こっている現象について。「まんが」の世界 ―時間、空間―の、民俗学的見地からの分析、また「まんが」と民俗学的なものの親和性について。「商品」としての「まんが」の現状について。

 ここに収録された数々の文章は、これから大塚氏が「まんが」について語るための準備稿、覚え書きといった風である。

 冒頭、「『読者』である自分が死した後、ぼくは初めて『まんが』について語り出す。」という一文が記されている。

 「まんが」とは“いつか別れを告げるべき愛しいもの”。しかし、幸せな読者として「まんが」に関るだけでは終われなかった氏は、読者としての時間が終わった後も、今や自分にとって正体の掴めないものになりつつある(そして、心のどこかで、正体の掴めないものであって欲しいと願っている)かつての“愛しいもの”について語ることを選ぶのだが、本文の中にはまだ「読者」としての氏の姿もちらつくようで、それは少し痛々しくもある。

 自分が「まんが」について語り始めるのは、その製作の現場に身を置くものとしての「良心」ではなく「悪意」によってであると語る氏の言葉には悲壮な誠意を感じる。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-07-28

電波の男よ : 西炯子

 海辺の中学校に赴任してきた地味でブスな新米教師・山下美樹とラーメン屋の訳ありバイト青年の恋(「波のむこうに」)。高校時代、唯一の楽しみだったアマチュア無線を通じて出会った“人生の中で最も長く会話をした女の子・マリン”を捜し求めるキモ冴えないサラリーマン・大河内寿三郎(「電波の男よ」)。表には見せない裏の顔を持った男女のお見合い(「海の満ちる音」)・・・ひとクセある恋愛漫画。

 「ごめん『わたしなんかいなくなればいいのに』だわ」 「…ふっ あいつら 死ね……」「…つか もう俺が死ねばいいのか…」

 そんな呪詛の言葉が普通に出てしまうほど、世の中への絶望と悪意を溜め込んだ冴えない男女がひょんなことから人生最大のモテ期を迎え、その狂騒の中で、彼らを見守り愛してくれる人の存在に気付き結ばれる。

 一般的に見てモテるタイプではない美樹や大河内を密かに恋の眼差しで見つめているのが、他所でもモテモテなイケメンや美女だったりするワケで、“フン! そんな都合のいい話あるわけないだろ。やっぱマンガだな!”と当然思ってしまう一方で・・・、決して華やかな青春時代を送ったわけではない私に突然訪れた一瞬のモテ期の中で、世の中への悪意を溶かしてくれる人に出会った自分自身の体験に照らして、妙なリアリティも感じたりする。

 多分、美樹や大河内の冴えない人生に変化をもたらしたのは、誰かに愛されるっていうことよりも、“モテ期を体験する”ってことだったんだと思う。

 人生にモテ期がもたらす影響は大きい。何も異性にモテるということでなくてもいいんだけど、何か成功体験が無くちゃ・・・ね。問題は、いかにして人生のモテ期を迎えるか? 普通、海辺に“美人になる薬”なんて転がっていないし、冴えない容姿だと思っていたが、ちょっと身なりを整えてみたらもの凄い美男(美女)だったということもまずあり得ない。

 「海の満ちる音」は、自分の生活を支えていけるだけの仕事をこなし、大切なもの・好きなことをちゃんと持ち、人の前では穏やかに笑っていられる、色んなものを背負うトシになってきた人たちにとっての「幸せ」って何だろう・・・?っていうお話。『娚の一生』に繋がるところがあるかもしれない。

FC2 Blog Ranking

theme : 漫画の感想
genre : 本・雑誌

2010-07-24

感情教育 : 中山可穂

 『恋というのは“世界で一番美しい病気”だ』(「恋づかれ」中島らも)という言葉を思い出す。

 産院に産み捨てられた那智と、父親によって公園に置き去りにされた理緒。幸せとは言いにくい生い立ちの中で、どこか感情を麻痺させていた二人が出会って恋に落ち、とめどなく感情が溢れ出す。

 それは突然、人を激しい渦の中に飲み込んでいく。自分の意思とは関係なく、全てが昨日までとは変わってしまう・・・自分を取り巻く環境が、何より自分自身が・・・。自分自身が引き裂かれるような痛み、ただその人への想いでいっぱいになった心と頭を抱える苦しみ。

 しかし、その理不尽な病に罹ったものだけが知る幸せ。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-07-21

怪異学の技法 : 東アジア恠異学会

 京極夏彦氏が執筆者として名を連ねておられる・・・という興味で読んでみたのだが、ん~ 「怪異学」・・・未だ混沌としているというか、海のものとも山のものともわからないというか・・・。

 「怪異」というものをどう定義するのか、「怪異」という言葉をどのように使うのかというところから始めなくてはいけない状況の中で、ここに収められた論考は、領域すらはっきりしない「怪異」というものに記された小さな点のようなもので、今後それらがどのように繋がり広がっていくのかを楽しみに待つべきなのだろう。

 「怪」「怨」「祀」「象」「性」「顕」というキーワードに沿って17の論考が収められているが、内容によっては、学問的領域のものなのか、それとも通俗的な興味の範疇に飲み込まれかねないものなのか、“んんんん~~~~~”と思ってしまうところもある。

 その中で、怪物や化け物の絵ではなく、熊野曼荼羅に描かれる“太鼓を持つ執金剛”という尊格の図像としての異形を「怪」として考察した梅沢恵「熊野曼荼羅に顕れた雷電神」や、腹の中にあってまだそのありようが分からず限りなく「怪」に近いものとして把握されていた胎児観の変遷について論じた米津江里「近世書物にみる胎児観」は「怪異」というものの多様な切り口を感じさせて面白いなぁと思う。 

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-07-17

神去なあなあ日常 : 三浦しをん

 高校卒業をひかえて、先の進路を決めるでもなくだらだらしていたところを、家族と担任の陰謀によって、林業研修生として三重県の山奥深く、神去村にたたきこまれた平野勇気。山で働く男たちの中で揉まれ、都会育ちの身には超常現象的ですらある神去村の自然の中で成長していく多感な勇気少年の1年。

 孤独 ~人の中にある決して誰とも共有できないもの~ を多く描いてきたしをんさんが、否応無く価値観と体験を共有することなしには生きていけない小さな村をお話の舞台としたことに、“、、ぉ・・・!”と思った。

 自分の一部を、村という共同体に完全に溶け込ませて生きるということはどういうことなんだろう? 孤独とは真反対の生活をしをんさんがどう書くのか興味があったのだけど、そういう生臭いとこは、村の人たちに仲間として認められる誇らしさや、人智を超えた山の自然に包まれる感動にきれいにコーティングされてた。

 何だかきれい事でまとめられちゃったような不満も無いわけではないけど、神去はただ人の生活の場としてあるんじゃなくて、村(人)+山(人外)の世界なんだなぁ。そんな世界では、人は大抵のものをおおらかに受け入れるのんびりした言葉であるとともに、ダメなものをすっぱり切り捨てる怖い言葉でもある「なあなあ」を口癖に生きていかなきゃいけないし、そんな世界だからこそ、山の神さまに愛された男の姿にちょっと感動してしまう。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-07-14

そろそろ旅に : 松井今朝子

 駿府町奉行所同心の倅・重田与七郎、後に戯作者となり『東海道中膝栗毛』を著した十返舎一九の半生を描く長編。

 故郷を飛び出し、大阪町奉行・小田切土佐守に仕えた武士としての数年間と、大坂の材木問屋、江戸の質屋と二度の婿入りをしての町人暮らしが、田沼意次から松平定信の時代へと一変する世間の様子を背景に、大坂の人形芝居の仲間たちや、江戸の戯作者、版元たちとの交流をちりばめて立体的に息づいて描かれる。

 与七郎は若い頃からどうにも足元の定まらない男で、何処にいても何をしても、ついふらふらと彷徨いだしてしまう心はいつも旅の最中にあるようだ。反骨精神を持つわけでも、何か不満があるわけでも無いくせに、気がつくと世間の決まりごとをうかうかと踏み外している与七郎。

 良くも悪しくも世間の内で生きる人々 ~ 社会の規範に縛られた武士、浮世をしたたかに生きる町人 ~ の中で、世間の埒内におさまらない与七郎は頼りなくも自由で気楽な愛すべき人のように見える。

 しかし、世間並みであることから外れて生きるということは一方で地獄への道へとつながる不吉さと恐ろしさを秘めている。与七郎の旅の同伴者、幼馴染の太吉の大きな黒い影は、与七郎の旅が地獄の道行でもあることの象徴であった。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-07-10

プロトンの中の孤独 : 近藤史恵

 サイクルロードレースの世界を舞台にした心理的サスペンスとして読み応えのあった『サクリファイス』。一種不気味な存在感をもって君臨していたチーム・オッジのエース石尾の新人時代を描くサイドストーリー。

 チームメイト・赤城の『ロードレースっていうのは団体競技だよ』という言葉に、『(ロードレースは)嫌いです。正直、ヒルクライム以外は興味ないんです。集団とうまくやっていく自信もないし、アシストするのも向いていない』と応える初々しさを残しながらも、この競技の厳しさ、残酷さと、それ故の魅力を本能的に理解し、巧みにチームとしての戦術をコントロールするしたたかさも既に備えた石尾。


 風景の中を疾走する。風、スピード、肉体にかかる負荷、集団の中で走る競技者たち一人一人の孤独・・・

 五感への刺激とともに、『サクリファイス』へと続いていくサイクルロードレースという競技の持つ魔性をゾクリと感じさせてくれる、短いながらも重量感のある作品。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-07-07

千本桜―花のない神話 : 渡辺保

 「仮名手本忠臣蔵」「菅原伝授手習鑑」とともに歌舞伎三代名作に数えられる「義経千本桜」。「義経千本桜」の世界を貫くものとして、作者たちは、知盛、権太、狐忠信を主役とする各段のストーリーの背後に、日本人にとっての神話とも言える三つの伝説をしのばせていると著者は語る。その伝説を形づくる要素とは「判官贔屓(義経)」「天皇制」「狐」。そしてこの三つの伝説をつなぐ「桜」「吉野」「鮓」。これらのキーワードから神話劇としての「義経千本桜」の構造を読み解く。

 私には、著者が示したような「義経千本桜」の持つ神話的な物語の構造がのみこめた訳ではなく、むしろすっかり混乱してしまっているところだが、まぁ、いくつかの段をバラバラに一度ずつしか見たことのない私に(しかも私が見られるのは現代の舞台でしかない)、この狂言に秘められた謎を理解しろというのが無理な話だと一旦あきらめるしかない。

 もともとの原作である浄瑠璃は、太夫が語る物語という形態の為、文学性を保持できるが、歌舞伎にうつされると役者や観客の生理的に気持ち良い方へと流れていく傾向があるため、作者が意図していたものが変形されていたり伝わりにくくなっている部分もあるとは言うが、それ以前に私が戸惑ってしまうのは、この狂言を書き、見た江戸の人たちと、現代の私との距離感をどういうふうにとればいいのかということなのだ。

 例えば桜・・・「桜」と聞いて私が思い浮かべるのは群がり咲くソメイヨシノだが、吉野に咲くのは赤味がかった新芽と共に小さな白い花を咲かせる山桜だ。(私はその吉野の桜を見たことがない)考えてみれば当たり前のことなのだけど、この物語の背後に人々が見て、愛していたのはソメイヨシノではなくて山桜だということを改めて知らされると、それだけで少し江戸の人の心が遠くなってしまう。

 現代人のメンタリティと江戸人のメンタリティ、どこがどのくらい違うのか・・・その辺が私の中でもやもやしたままだから、著者が指摘した神話的なもの ~ 作者たちが、人の情に訴えるだけでなく、時代を批評する目も持った上で巧妙に織り込んだ物語 ~ が、江戸の人々にどのように作用したのか、そして現代の私にどのように作用するのかイメージできない。


 「あ~ 何だか解んね~!!!」とジタバタしているが、これまで舞台を観てちょびっと違和感を感じていたこと ~ 「安徳帝って割とサックリ知盛から義経に乗り換えちゃうのね~」とか、「弱いもの、滅びるものにあわれを感じる心情を判官贔屓というとは言いながら、対知盛戦では義経ってガッチリ勝者なんだよね~」とか ~ について、「なるほど、そういうことなのか」と気付かされる記述もあり、もう少し歌舞伎体験を積んでから改めて読み直してみなきゃいけないと思う。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2010-07-03

エセ竜馬かぶれ 番外 ~ 甲子顛末 : 義澄了

 竜馬は、望月亀弥太の回想の中にわずかに登場するだけだけど、『龍飛騰』には描かれなかった池田屋事件のくだりが尊攘派浪士達の側から描かれ、二作をあわせて読むとより話が立体的になる。

 元治元年六月五日、京都三条池田屋に参集した尊攘派の志士たち、またそこに関った者たち・・・中でも著者の思い入れが深いのであろう淵上郁太郎、吉田稔麿、望月亀弥太、北添佶麿、桂小五郎、吉岡庄助らの事件前後の数日間がしっとりと描かれる。

 凄惨な事件の陰にはそれぞれの人の色々な想いがあったはず・・・著者の愛に満ちた作品。

FC2 Blog Ranking

theme : マンガ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ