2009-01-31

巨門星―小説菅原道真青春譜 : 赤江瀑

 平安の宮廷において高位の官僚に上りつめたものの、後に無実の罪で流され、怨霊とまで化した菅原道真の生涯とともに、「表向きの歴史には登場しない平安京・夜の王朝支配者をも描き配したいと思っている」(作者の言葉より)という意気込みの下、新聞連載小説として発表された作品ということだが・・・あとがきでもらされている通り、どうもペース配分が上手くいかなかった作品のようである。むむむぅ・・・。

 宮廷に渦巻く、貴族・皇族の思惑、謀略。それらに翻弄されながらも愛し合う貴公子と姫たちの官能。その中で栄華の道を進みつつある道真。そして、都に蠢く怨霊めいたもの。それらすべてをこってりと描き尽くさんという目論みだったようだが、いかんせん連載期間が足らなかった(のか?)。

 道真の死までを描く予定が、結局青年期までしか書けていないという事はまあ置いておくとしても、まったり、こってりと思わせぶりに進んできたストーリーと妖しの事件は、最期の章になってばたばたと帳尻合わせをされることになってしまい、前半の匂いやかな世界に対し、この終盤の趣の無さは何だ!と残念に思われてならない。

 序盤~前半にかけては先を期待させるに十分な展開なのだ。腹に一物呑み暗躍する怪物めいた藤原一門の貴族たち、官能的かつ悲劇に彩られた宮廷の愛が赤江氏の匂い立つ濃密な言葉で細やかに描かれ、同時に、人智の及ばないところで都に不吉な影を落とす妖しのものたちがちらりとその姿を垣間見せる。赤江ワールドにどっぷり浸って読み進める前半だが、話も中盤にさしかかるころから、ちょいちょいとある懸念が頭をよぎる。「この話、ちゃんと終わるの?」「着地点は見えてるの?」・・・そして、案の定・・・。

 これは、個人的な好みの問題かもしれないが・・・ 短編作品において、人の情念をねっとり語るときには、あれほど妖しい魅力を放つ赤江瀑の粘度の高い言葉が、ストーリー運びで読ませて欲しいと思う長編では、時々くどくどしいとさえ思われる。

 やはり赤江瀑の世界は短編でこそ存分に堪能できるのではないかと思う。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-01-28

ソルフェージュ : よしながふみ

 ヒネた音楽教師・久我山と健気な教え子・田中吾妻の・・・長い時間をかけて紡がれる関係を描いたお話。

 でっかい体の割りに心の幼い彼が久我山に寄せる一途な思慕は、もう可愛くて可愛くて、乙女心がきゅ~んとなってしまいますが、やっぱり魅力的なのは久我山先生ですな。

 すれっからした感じのあるゲイの久我山先生。私生活は自由奔放で、ヒネた感じはありつつも、そこは大人ですから、折り合いをつけてちゃんと社会生活を営んでいるところに好感持てます。

 久我山先生は“きれいな人”として描かれていますが、「年齢不詳で中性的なきれいさ」ではなくて、「そこそこにトシはとってるんだけど、身ぎれいにしている男性の色気」というのでしょうか。その姿には、自分という人間に自分できちんと責任を持って、一人でも生きていける人の覚悟のようなものを感じるんですよね。そういう“きれいさ”に覚悟を漂わせる人だっただけに、ある事件の後、山奥で寂しく暮らす彼の、身を構わぬ姿は、痛々しくて胸にこたえます。

 
 他に4つの短編を収録。

 「食べ物」にまつわるシーンの何気ない暖かさとか、擬音の絶妙さ・・・すでに沢山の人が言っていることですが、こういうのが、よしなが作品を読んでてちょっと嬉しくなっちゃうところ。

FC2 Blog Ranking

theme : マンガ
genre : 本・雑誌

2009-01-24

水底の歌 - 柿本人麿論 : 梅原猛

 万葉の歌人・柿本人麿 ~ 数々の愛と死の歌を詠み、歌の聖と呼ばれる人麿の最期は、流人としての刑死であった。

 人麿の死前後に残された歌、そして人麿にまつわる伝承には水死のイメージがつきまとう。宮廷歌人として帝の側にあった人麿は、政治的権力を握らんとする藤原氏との軋轢の中で、罪人として流され悲憤の中で死を迎えたのではないか・・・。


 大胆な着想の下、それまでの定説を真っ向から批判する梅原氏の「柿本人麿論」。かつて読んだ井沢元彦氏の「猿丸幻視行」の中で、この「水底の歌」が引かれている部分があり、梅原氏の「人麿水死説」「柿本人麿=柿本サル=猿丸太夫説」については、その当時えらく興奮した記憶がある。その時は興味を持ちながらも、本著作を読むことはなかったのだけど、今回、あるきっかけで遅まきながら読んでみることになった。

 そのきっかけというのが、私が最近ファンになってしまった歌舞伎役者・市川亀治郎と梅原猛氏による「梅原猛「神と仏」対論集 第三巻 神仏のまねき」である。この対論中、新しい歌舞伎に話が及ぶところで、亀治郎から梅原氏への戯曲執筆のおねだりがあるのだが、その戯曲の題材を「水底の歌」にしようという構想が語られており、私としても“これは、読んでおかねば!”となったわけなのだ。

 ところが読み始めてみると、これがもうホントに読むのに体力のいる本で・・・。そのボリュームもさることながら、先人の残した権威ある説といえども、真理ではないと見れば猛然と挑みかかっていく氏の獰猛さにたじろがずにはいられない。それに、梅原氏エキサイトしすぎで、話がちょくちょく横道にそれていくんである。人麿の人物像を把握するためには、かなり広範囲なフィールドを視野に納めて考察する必要があることは解るが、その度に話が脇にそれては何時までたっても前に進みやしない。

 梅原猛ほどの巨人ともなれば、いくら話が脇にそれようとも、頭の中には完璧な全体の俯瞰図が展開されているんだろうが、私なぞでは脳のバッファー不足で、今語られていることの部分図解を頭の中に展開するのが精一杯なんだ。そう度々脇道に入られては折角頭の中に描いた図がブレる。今、何の為に何が語られているのか解らなくなってしまうんだよ!

 只もう・・・「いつか亀治郎が演るかもしれない」・・・それだけをモチベーションに読み終えた。



 第一部「柿本人麿の死」・・・人麿最期の地、鴨山に関する斎藤茂吉の考察「鴨山考」~定説になりつつある茂吉説への違和感・不信感から氏の考察はスタートする。

 人麿最期の地を自ら見つけ出し定めようとする茂吉の怨念めいたものと、その茂吉の怨念を、“真実をゆがめるもの”として告発する梅原氏の対決。あたかも、怪物茂吉と怪物梅原が「ギャオ~ス、ギャオ~ス」と火を吐きあっているかのような緊迫感。

 第二部「柿本人麿の生」・・・怪物茂吉をひとまずねじ伏せた梅原氏は、茂吉を初め後の多くの学者たちの人麿論の方向性を決定付けてしまっている、大いなる権威~江戸時代の国学者・賀茂真淵の人麿論へと挑む。その過程で、宮廷歌人としての人麿と、非業の最期を遂げる流人・人麿の姿があぶりだされていく。

 「万葉集」に採られた歌や、「万葉集」撰集について書かれた「古今集」序文、「続日本紀」など正史に関する記述、数々に伝わる伝承、中世・近世・近代の学者による人麿論 ~ あちこちに散らばる資料を検討しながら考察は進められていくが、史実に関する記録が極端に少ないため、伝承やその他の記述内容をどう解釈するか、または人麿の歌そのものをどう鑑賞するかという部分が鍵にならざるを得ない。

 人麿に向かう其々の学者たちの理性と感性の勝負。俄かには、誰が言っていることが真実に近いのか判断はできない。しかし、膨大な資料を調べ上げ、整合性をチェックするという、クールさを必要をする作業の先に人麿を「見た」という梅原氏の熱狂は、私を圧倒する。

 皇子たちの死を悼む挽歌から覗える帝や政治的権力者たちとの関わり。愛の歌に見える人麿の激しさ、奔放さ。そして、人麿の最期を歌う歌に、また数々の伝承につきまとう水死のイメージ・・・

 人麿を、そして人麿が生きた歴史を「見た」という梅原氏の目を持たない私は、本当のところ氏の熱狂に戸惑いもするのだが、確かに、梅原氏が語ると人麿の歌が妖しく生気を帯びてくるのだ。

 「水底の歌」はしかし、本格的な「人麿論」の準備の書のようだ。ここでの主眼は現代の国文学者達を縛り付けている真淵・茂吉の人麿論への懐疑表明と批判であり、氏の目が「見た」人麿はちらりとしか姿を現していない。人麿の姿が見たければ、次の書を読まねばならないようだが・・・それはまた、気力・体力が充実した時にでも。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-01-21

禅~ZEN

「禅~ZEN」 監督:高橋伴明

 良い映画でした。


 某美容整形外科のCMでは、現状に納得できないらしい女性が、

 「自分が嫌いなんて悲しすぎない?」
 
 と問うた後、

 「自分で決めた自分でいたいの。」

 と決意表明をして私をイラつかせるのだけど、「あるがまま」を見る苦しさと、そうすることでしか得られない平安を説く道元禅師の言葉は厳しく、また優しく、静かな救いを見せてくれるのだ。

 “ああなりたい”“こう在りたい”と願うことは人の心の美しい在りようではあるけれど、その願いに囚われて、あたりまえにあるものをあたりまえに、そこにあるものをあるがままに見ることができないというのは、美しいはずの人の心が持つ暗黒面でもあるのだな。

 在るものをあるがままに見る。その為にただ坐る僧たち~美しい禅の作法や立居振舞い、そういうものを描く映像の中で、勘太郎さんはごく自然だった。その自然さが、道元の言葉にぴったりと添うものだっただけに、所々に使われた(道元の大悟の場面や、月の演出など)CGは、ちょっとこの映画にそぐわない気がしたのだけど・・・。


FC2 Blog Ranking

theme : 映画感想
genre : 映画

2009-01-17

斎王夢語 : 萩尾望都

 万葉の歌とともに紡がれる斎宮の物語。

 アマテラス(ここでは荒ぶる男神として描かれている)を祀り鎮めるため、伊勢へ斎宮として赴いた皇女たち。倭姫~稚足姫~大伯皇女~井上内親王~。

 伊勢の地で、優しく美しい姫との穏やかな日々に、アマテラスの魂は鎮まり平安を得る。自らの孤独を慰める斎姫たちをいつしか愛しくも思う神であるが・・・。

 神の花嫁として捧げられた身でありながら、人の世の流れ、人との交わりに心を乱す ~ 若者との恋に戸惑い、濃い情愛に苦しみ、人の世の悲劇にのまれる姫君たち。

 姫の乱れる心に、アマテラスは再び荒御魂(あらみたま)と化す。悲しみ、狂う姫の心に、我を忘れて荒ぶる神。

 神のそばにある斎宮とは言いながら、いつかは人の世の理の中に帰っていってしまう人間である姫。いかに暴君である神といえども、その理を変えることはできない虚しさ。留めることの出来ない人の心、人の運命・・・神は荒れ、すさび、哀しむ。

 神と人の間で生きた斎宮の哀しい物語であると同時に、アマテラスの孤独な愛の物語であるようにも思える。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-01-14

アイの物語 : 山本弘

『アイの物語』 山本弘

 21世紀初頭に起きた、AIのヒトに対する反乱~ヒトとAIとの戦闘~。世界がマシンの管理下に入って久しい。ヒトはわずかに点在するコロニーに生息するのみ。

 マシンに囚われた一人の少年にAI・アイビスは語りかける。「私はあなたと話がしたいだけ」

 「これから君に、ヒトとマシンについての真実の歴史を、決して話さないと誓う」

 アイビスが少年に語り聞かせるのは、かつてヒトが記し残した物語。ヒトの想い、希望、願いが込められた数々の物語。そして、ついに『真実』に目を向けた少年に語られる、ヒトとマシンの真実の物語。

***

 空想の未来の物語なのに、ノスタルジックな気分になるのは何故か? AIと人間の相克 ~ 古くから小説やマンガで読んできたテーマだからか。それとも、人としての美しさは、すでに物語の中に封じ込められたものとしてしか存在しない・・・と思う喪失感からか。

 「理解」「許容」「希望」・・・切ない願いを物語として語ったヒト。ヒトの願いを自らの現実として生きるAI。語り継がれてゆくヒトの物語、AIの物語。


***

 作中、AIの生活実感のようなものが描かれていて面白い。SFに詳しい方なら言葉遊びや細かいニュアンスを楽しめる部分があるんだろうなぁ・・・と思うけど、残念ながら私には検知できず。

 美しく切ない物語群なんだけど、頭の中で「物語にはまってはいけない」という警告音が鳴り続ける。私はすでに『解体屋外伝』という物語の方に深くはまっちゃってるからねぇ。

 「物語」の力、その取り扱い方法については河合隼雄『おはなしの知恵』に易しく書かれている。




FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-01-10

今宵も歌舞伎へまいります : 沼野正子

 何てタイトル! 抜群!! 歌舞伎好きが劇場へと向かう浮き立つ気持ち、地面からちょっと足が浮き上がってる様まで伝わってきます。


 古典芸能初心者目線で書かれた観劇記。歌舞伎の不思議な世界観、登場人物たちの極端すぎる行動を目の当たりにしての戸惑い、驚きから、役者の身体が放つ妖しいパワー、舞台を染めてしまう何かに撃ち抜かれた瞬間の胸の高鳴り・・・初々しく瑞々しい言葉で綴られます。沼野氏は特に雀右衛門さんにぞっこん、亀治郎さんにも並々ならぬものを感じてるご様子。

 ただねぇ~、一寸まどろっかしいの。読者が歌舞伎初心者であることを意識して書かれているせいか、あらすじを説明する文章が丁寧すぎる、長すぎる。私は、あらすじが知りたいんじゃなくて! あなたがどんなことを感じたのかが読みたいの! あらすじなら他の本でいくらでも読めるの!

 古典芸能鑑賞エッセイつながりということで、つい三浦しをんさんの「あやつられ文楽鑑賞」と比べてしまうんだけど、「あやつられ~」の方が圧倒的にスピード感あるんですよねぇ。

 少々破綻気味でも、本人の興奮の程がダイレクトに伝わってくる鼻息の荒さがある「あやつられ~」の方が、読んでいて巻き込まれるような感覚が楽しめます。「今宵も~」は、私が読むと少々言葉のリズムにのりにくい。それに、“そこんとこもう一歩踏み込んで貴女の気持ちを聞かせて欲しい”ってとこで、ふいっと話題が流れてしまう。

 決して、ただ大人しく上品に歌舞伎を観ているだけの方では無いのは伝わってくるんです。古典芸能礼賛~だけではなくて、現代的な目できっちりつっこみ入れながら観ておられる様子。と、同時にあの、激しく妖しくちょっと背徳的な匂いのする歌舞伎の魔力に飲まれて堕ちていく快感もすっかり味わっておられるはず。もっと貴女の魂の咆哮を聞かせてよぉ~。

 まぁ、分別ある大人の女性として、『桃色の本能オーラだだ漏れ』な状態を、人様の前にさらす訳にはいかないだろうけども。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-01-07

一月物語 : 平野啓一郎

 わけのわからぬ「情熱」とでもいうようなものを抱えて、神経衰弱気味に自分探し(というか「自分なくし」というか・・・)の旅にある、美貌の青年詩人・井原真拆(いはらまさき)。

 山中で迷い、怪我を負い倒れた真拆は、僧・円祐に助けられる。数日を、円祐が暮らす山中の小屋で過ごす真拆に、夜毎訪れる不思議な夢。夢に現れる、顔の見えぬ女の美しい裸体。現実と交錯する幻。円祐が匿う謎の女。

 夢の女に激しく魅かれていく真拆。その情熱が極限に達したとき・・・。


 殊更に古風な漢字を使い、魔的に美しい夢幻のような舞台が整えられたこの作品・・・幻想的な小説かとも見えるが、実際には一人の青年の“自分探しの果て”とでも言えそうな、何だかえらく現実的な問題が描かれている。精神的・観念的な問題なだけに、すぐに幻の世界へと同化して行ってしまい、つい幻想的なめくるめく感覚にとらわれてしまいがちなのだけど・・・。

 描こうとしていること、そのための道具立てには、「日蝕」と共通するものがあるように思われる。

 真拆は、 ~略~ 自分を織り成す社会と自然と云う二色の糸を解いてしまった後に、猶南京玉のように残る個と云うものの存在を発見して驚喜した。それが純粋に一つの価値を有する世界を想った。己の情熱が、己のものとして成就する明日を想った。


 夢の女との愛が成就する一瞬に、「自分探し」の果てを見た真拆。


 中島らも氏がエッセイ(「恋は底ぢから」)で引用されていた、稲垣足穂が語ったという「詩というのはね、歴史性に対して垂直に立っているのです。」という言葉。真拆がたどりつこうとしたのは、ここではなかったのか。

 詩人として、恋する男としての、歴史性(日常)に対する垂直方向への果てしない飛躍。女との愛の成就が、そのただ一度の飛躍だったのではないかと。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

2009-01-03

怖い絵 : 中野京子

 中学生の頃、兄が貸してくれた新書~タイトルも著者も覚えていないけど、初心者向きの名画案内のようなもので、西洋絵画に隠された意匠、図像学に関することなどが書かれていた。兄は当時ファン・アイクにはまっていた。絵画に関する本を読んで面白いと思ったのはそれが初めてだったと思う。

 それからしばらくして澁澤龍彦の色々の著作で、幻想的だったり、不気味だったり、怖ろしいが興味をそそる絵というのに出合った。

 その他、絵にまつわる書物で最も印象深いのが、久世光彦氏の「怖い絵」。これは、絵そのものというよりも、絵から呼び起こされる記憶、感情、感覚の不気味さ、怖ろしさが、短いお話で語られるというもの。

 久世氏の著作と同タイトルのこの本、こちらは絵そのものの怖さを語る内容。

 見る者に恐怖を与えることを意図して描かれた絵、描き手の意図しないところで怖ろしいものを滲み出させてしまっている絵。何の予備知識を持たずに見ても根源的な恐怖を刺激される絵。描かれた時代背景、描き手の置かれた状況・思想などが分かって初めてじわりと怖さが忍び寄ってくる絵。

 ドガ「エトワール」、ティントレット「受胎告知」、ムンク「思春期」、クノップフ「見捨てられた街」他、ブリューゲル、ゴヤ、ボッティチェリ・・・色々な怖さを持った絵20点。

 隠された怖ろしいものを、指の隙間から見てみたいという好奇心を満たしてくれると同時に、知識と洞察力がなくては、ものを見誤ることがあるということを教えてくれる。

FC2 Blog Ranking

theme : 読書メモ
genre : 本・雑誌

プロフィール

やぶからねこ

Author:やぶからねこ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
検索フォーム
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
魂に喰い込んでます
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ